ウェーサーカ祭(Vesak): 2008年5月アーカイブ

2008年5月25日(日)、東京幡ヶ谷のゴータミー精舎、大阪岸和田のアラナ精舎でそれぞれ、佛紀2552年を祝するウェーサーカ祭法要(釈尊の降誕・成道・涅槃を記念する法事 *ウェーサーカ祭について)が開催されました。

P1020331
天候不順の中、ゴータミー精舎には百数十名の善男善女が参集。10時過ぎから本堂のお釈迦様に向かって三帰依五戒を唱え、釈尊と比丘サンガへのお布施儀式、ミャンマーサイクロン被災者への救援基金のお布施式などを行いました。

Pp1020300
スリランカ、ミャンマー、タイ、日本から計15名のお坊様をご招待。午前中のお布施法要で『無我相経』を日本語で読誦してくださったウ・ウィセッタ長老。お隣は門司の世界平和パゴダの長老をされているウ・スセインナ長老。

在家の食事をはさんで、午後からは、『仏法』『テーラワーダ仏教の実践』(パユットー師)などを訳された野中耕一先生、誓教寺ご住職の藤本晃(慈照)先生、A.スマナサーラ・ナーヤカ長老よりそれぞれ30分づつ、ウェーサーカ記念の講演と法話を賜りました。参加者から鋭い質問も飛び出して、たいへん活気のある会となりました。

Pp1020346
比丘サンガによる祝福の読経を賜った後、お坊さま方から聖糸と聖水、記念の施本を授与される参加者。法要は16時前に終わり、その後17時過ぎまで、一階食堂で茶話会が続きました(写真:出村佳子)。

Img_0755
一方、大阪岸和田にあるアラナ精舎でも、ウ・コーサッラ長老をお招きしてウェーサーカの法要が執り行われました。(写真:趙顕治)

09:30~10:00 自主冥想。
10:00~11:00 ウ・コーサッラ師によるウェーサーカ祭法要と法話。
11:00~11:30 食事のお布施。
11:30~13:00 参加者の昼食および懇親会をかねてのお茶会。
13:00~17:00 アビダルマ勉強会と勉強会終了後法話会、質疑応答など。

といった、たいへん充実した時間を過ごされたようです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Happy Wesak Day!!

仏紀2552年(西暦2008年)のウェーサーカ祭を記念して、日本テーラワーダ仏教協会オリジナル壁紙を配信します。協会の月刊誌『パティパダー』5月号(Vol.15 No.01)表紙イラストをもとに上杉久代さんがデザインされました。

今年は通常のウェーサーカ記念バージョンとともに、チベットとビルマ(ミャンマー)の自由と一切衆生の幸福を願うバージョンも作成しました。ウィンドウサイズ別になっておりますので、ご利用環境にあわせてご活用下さい。

800_600W800_600tb
サイズ:800×600

1024_768W1024_768tb
サイズ:1024×768

1280_1024W1280_1024tb
サイズ:1280×1024

1280_800wideW1280_800_widetb
サイズ:1280×800(ワイド)

タイトル:「花」
イラスト/デザイン:上杉久代
コメント:チベットで起きていることを思うととても胸が痛みます。そう遠くないいつか、彼の地に希望の花が開きますように。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2008年5月以降に書かれたブログ記事のうちウェーサーカ祭(Vesak)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはウェーサーカ祭(Vesak): 2008年4月です。

次のアーカイブはウェーサーカ祭(Vesak): 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1