ウェーサーカ祭(Vesak): 2007年4月アーカイブ

仏紀2551年(西暦2007年)のウェーサーカ祭を記念して、日本テーラワーダ仏教協会オリジナル壁紙を配信します。昨日発送されたパティパダー5月号(Vol.14 No.01)の表紙イラストをもとした作品です。お釈迦様の生涯を貫く「生きとし生けるものへの慈しみ」を表現しています。どうぞご活用ください。

Wesak07_800_600
サイズ1(800×600)

Wesak07_1024_768
サイズ2(1024×768)

絵の解説
白鳥を救った悉達多王子(仏伝より) イラスト:上杉久代
ある日、シッダッタ王子(のちの釈尊)は仲間とともに王苑で遊んでいたところ、矢が刺さって苦しんでいる白鳥をみつけました。従兄弟のデーワダッタに弓で射られたのです。王子が白鳥を抱きかかえ矢を抜いて介抱していると、デーワダッタが駆け寄ってきて「白鳥をよこせ」と迫りました。王子は「鳥が矢で死んでときは射た人のものだが、生きているときは救った人のものだ」と突っぱね、白鳥の帰属は国中の学者を集めた会議に持ち越されました。長い討論の末、若い学者が立ち上がり「すべての生き物はその生命を守る人のもの。それ故に、白鳥はシッダッタ王子に渡されるべきだ」と提案し、すべての学者がその意見に同意しました。王子は白鳥が全快するまで世話をしてやり、仲間と一緒に自由に飛べるよう放してやりました。白鳥さんよかったね。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「スマナサーラ長老“はなまつり”にちなんで(1)」(49分54秒)をダウンロード

Sany0060 4月8日名古屋「初期仏教デー」でのスマナサーラ長老のご法話をポッドキャストで配信。

その1:「花祭り」にちなんで……お釈迦さまの誕生を祝う/命かけて守ったブッダの教え/輪廻転生を発見したお釈迦さま/生命は誰一人似ていない/「人と比べる」という「不幸の玄関」の鍵を捨てる/仏教を学んで100点満点の人生を/「優柔不断」を乗り越えた菩薩の波羅蜜行/ブッダの出現と「希有未曾有の法」/三帰依した人々の笑顔は誰も奪えない/ブッダに帰依する人が比類なき智慧の世界に入る……

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

4月8日は名古屋で日本テーラワーダ仏教協会会員を中心とした有志の集い「東海ダンマサークル」発足式とA.スマナサーラ長老お迎えしての「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」が開催されました。ちょうど花祭り(潅仏会)と重なったこの日のイベントを『名古屋「初期仏教デー」』と銘打ってパティパダー誌上で紹介したところ、協会事務局には連絡問い合わせが相次いで関心の高さをビンビンと感じていたのですが……。

Shisetsu 会場となった名古屋市総合体育館サン笠寺は4月1日から名称変更されて日本ガイシフォーラムに。キョロキョロしながらそれらしき建物の前に着くとゲンドー軍団がところかまわず木刀をぶんぶん振り回している。何とかよけながら施設に滑り込むと、朝10時前にも関わらず会場の和室には50名もの方が参集されていました。

謙虚すぎる正田大観師とろれつの回らない事務局佐藤(寝てない)がマイクをおっつけあい、どうなることやらという感じで始まった「東海ダンマサークル」発足式でしたが、東京から駆けつけた小西会長からご挨拶をいただき、自己紹介が一巡したあたりから和みだして、穏やかな連帯感が染み渡っていったように思います。

お昼ごはんをはさんで12時45分頃、スマナサーラ長老が名古屋に到着されました。「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」開場時間の1時を過ぎると広い和室の部屋は善男善女で埋め尽くされていきました。最終的には、120名ほどの方が瞑想会に参加されたようです。

Sany0051 1時半きっかりに「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」がスタート。花祭りにちなみ、お釈迦さまの海のごとき徳の深さを思い起こす、まさに「聴く『仏随念buddhaanussati』」というべきご法話からはじまって(こちらの動画でさわりをご覧ください)、45分ほどかけてじっくりと『慈悲の瞑想』を学び、休憩を挟んで2時間半かけて、参加者全員で、ヴィパッサナー瞑想の初心者指導を受けました。スマナサーラ長老よりパーリ語の祝福を受け、廻向の文をとなえた後も活発な質問が続き、いつまでも続けたいような余韻を残して閉会しました。会場の片づけにもたくさんの方が残ってくださって、東海ダンマサークルの活動も幸先よくスタートしたのでした……。

会場が広い和室でリラックスできたこともあったと思いますが、東海各地から参加された方々の法を聴く熱心さ、集中力の高さも感動的で、まれに見るような濃密で充実した会になったと思います。東京から参加した僕も元気玉もらいました。超ご多忙の中、東海の地に最勝のダンマの種を撒いてくださったスマナサーラ長老に合掌礼拝。準備に尽力された正田さん、葛原さん、葛谷さん、吉田さん、森川さんはじめ、東海の法友方の善徳に随喜いたします。

次回の名古屋「初期仏教Day」は7月14日(土)会場は同じく日本ガイシフォーラムで開催される予定です。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2007年4月以降に書かれたブログ記事のうちウェーサーカ祭(Vesak)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはウェーサーカ祭(Vesak): 2006年5月です。

次のアーカイブはウェーサーカ祭(Vesak): 2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1