Siimaa 戒壇: 2006年4月アーカイブ

佛紀2549年(2006年)4月29日、アスギリヤ大精舎法王猊下ご一行をお迎えして、八王子市の日本仏教寺院の地所二ヶ所で、テーラワーダ仏教の『戒壇』認定式が開催されました。スリランカ、ミャンマー、日本、フランスと、四ヶ国にもまたがるテーラワーダ僧侶20名が八王子に結集し、戒壇を認定する厳かな法要が営まれました。

Terada_2

戒壇は本来、結界、境界という意味を持ち、新たな比丘を認定するための戒律の授受、出家比丘が定期的に戒律をあらためる布薩法事など、戒律に関する儀式を行うための場所です。

関西戒壇が認定されたのに続いて、東京都八王子市内の二箇所にある戒壇予定地も整備が完了して、認定法要を待つばかりとなっています。

060423arana_1
去る4月19日、東京都渋谷区のゴータミー精舎を四方サンガ(全世界の比丘サンガ)にお布施する儀式が、アスギリヤ大精舎法王猊下ご一行をお迎えして執り行われました。同22日には、兵庫県三田市で関西戒壇の認定式、23日には大阪府岸和田市のアラナ精舎の四方サンガへのお布施式がありました。写真はアラナ精舎お布施式の様子です。

このアーカイブについて

このページには、2006年4月以降に書かれたブログ記事のうちSiimaa 戒壇カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはSiimaa 戒壇: 2006年2月です。

次のアーカイブはSiimaa 戒壇: 2006年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1