Siimaa 戒壇の最近のブログ記事

本日(2009年5月17日)09:30より、兵庫県三田市対中町のマーヤーデーヴィー精舎と付設のダンマチャッカマハーシーマー(戒壇堂)において、入仏式と比丘サンガへの精舎お布施式とサラナンカラ比丘(俗名:高橋和之さん)の出家式、そしてウェーサーカの集いが開催されました。

CIMG1696.JPG
出家式の朝を迎えた高橋和之さん

CIMG1709.JPG
ご本尊のお釈迦さまを精舎にお迎えするパレードの準備風景。ゴータミー精舎(東京都渋谷区)、アラナ精舎(大阪府岸和田市)、正山寺(東京都八王子市)、そしてスリランカから参集された11名の比丘サンガのお坊様方と。マーヤーデーヴィー精舎近くの駐車場にて。

CIMG1720.JPG
マーヤーデーヴィー精舎に向かって進むお釈迦様とスマナサーラ・ナーヤカ長老をはじめとする比丘サンガ、在家参加者ら。

CIMG1731.JPG
マーヤーデーヴィー精舎に到着したパレード。

CIMG1734.JPG
精舎に入場するお坊様方と出迎えの人々。

CIMG1736.JPG
本日の大法要の告知文が張り出されたマーヤーデーヴィー精舎の掲示板。

CIMG1739.JPG
2階本堂にて入仏式法要の準備中。

CIMG1742.JPG
入仏式法要の様子。比丘サンガと参加一同、お釈迦様に向かって三帰依五戒と読経、慈悲の冥想を修する。

CIMG1743.JPG
マーヤーデーヴィー精舎2階本堂に安置されたお釈迦様坐像。

CIMG1746.JPG
引き続き、戒壇堂に移動して高橋和之さんの出家式が執り行われた。戒壇建立後、はじめての法事が比丘出家式というこの上ないめぐり合わせに、戒壇内は厳粛さとともに明るい雰囲気に包まれた。

CIMG1752.JPG
比丘出家に先立ち、沙弥として法衣をまとうことの許可を比丘サンガに請願する高橋さん。

CIMG1754.JPG
戒壇堂での出家式の様子は境内の仮設テントや本堂、そしてインターネットでも中継された。

CIMG1771.JPG
沙弥出家の後、改めて比丘戒を授けてもらうことを比丘サンガに請願し、入門のための問答を行う。2500年変わることなく続くこの儀式の後、サラナンカラ比丘が誕生した。

CIMG1766.JPG
記念すべき出家式を指揮したのは比丘サンガの最長老であるスマナサーラ・ナーヤカ長老。長老方はみな重衣をまとった正装で臨まれていた。

CIMG1775.JPG 
出家式を終えて、お釈迦様と比丘サンガへの昼食のお布施。マーヤーデーヴィー精舎でのはじめてのお布施です。

CIMG1776.JPG
続いてお昼休みに。アクリルのプレートに掲示されたマーヤーデーヴィー精舎建立のお布施者リスト。自分や友人・家族の名前をみつけて写真に撮る人も(うれしくて、私も撮りました)。

CIMG1782.JPG
ボランティアの皆様の名前を書いた「感謝のツリー」。

CIMG1783.JPG
インド仏教聖地の砂と仏足プレート。本堂脇の廊下に展示。

CIMG1796.JPG
14:00頃から、午後の部。マーヤーデーヴィー精舎を四方比丘サンガにお布施する儀式と、ウェーサーカの集いが行われました。開会の言葉を述べる小西純一会長。悪天候の中、200名もの老若男女が集いました。

CIMG1806.JPG
あらためて、お釈迦様に供花と灯明、香をおそなえする。功徳を分け合うために、全員で手を触れます。

CIMG1818.JPG
子供たちが、お坊様に教えていただきながら、お釈迦様におそなえをします。

CIMG1823.JPG
インダラタナ長老の英語での法話、ダンミッサラ・ナーヤカ長老のガーター読誦につづき、記念法話をされるスマナサーラ・ナーヤカ長老。ブッダへの信頼が人生を成功に導くという力強いお話でした。

CIMG1826.JPG
スマナサーラ・ナーヤカ長老のお話を受けて、挨拶をされる大施主の天野陽子さん。マーヤーデーヴィー精舎の土地と戒壇堂建物を寄進し、精舎完成まで建設委員会の中心でご尽力されました。続いて建設委員長の藤本晃師、笛岡泰雲老師からも挨拶をいただきました。

CIMG1828.JPG
「Sabbe sattaa bhavantu sukhitattaa 生きとし生けるものが幸せでありますように」マーヤーデーヴィー精舎の壁面に描かれた、ブッダのことば(スッタニパータ:慈経より)。

CIMG1829.JPG
マーヤーデーヴィー精舎の玄関。

CIMG1830.JPG
勝手口側からの外観。

CIMG1832.JPG
15分ほどの休みを挟んで、比丘サンガにより祝福法要が執り行われ、岡田副会長の閉会の辞をもって、本日のスケジュールはすべて終了しました。最後に比丘サンガより聖糸と記念品が授与され、みな晴れやかな顔でマーヤーデーヴィー精舎をあとにされていました。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

兵庫県三田市に建立中の日本テーラワーダ仏教協会関西新精舎(仮)の戒壇院建物が、このたび完成いたしました。詳しい説明は次号パティパダーを待つとして……取り急ぎ写真を掲載いたします。(撮影:趙 顕治)

Img_3658
こちらが戒壇院の入口です……

11月23日ゴータミー精舎で雨安居明けのカティナ衣法要が開催されました。

撮影:出村佳子
カティナ衣に触れて功徳を分け合っているところ。中央は法要に先立って還俗したナーギタ居士(佐藤哲朗)。いろいろとお世話になりました。ちょっとタイミングを逸してしまったので、行事の詳細はパティパダー本誌でご報告します。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

11月17日夕方から翌18日午後にかけて、八王子正山寺のカティナ衣法要が執り行われました。カティナ衣法要については、kathina_civara_puja.pdfをご一読下さい。

雨安居の修行を終えた僧侶にカティナ衣という特別な衣をお布施する、テーラワーダ仏教の世界では国を挙げてというくらい、たいへん盛大にお祝いされている法要なのです。

071117234009
近隣の雲龍寺の仏舎利塔から正山寺に仏舎利をお迎えした後、アランニャ(森林)の様子を模した紙製の仮堂(スダンマ師と正山寺檀家さんたちの手作り)のなかで、十数名の僧侶が交替しながら夜を徹して読経します。

071118020335
パリッタ(護経)を唱えるスマナサーラ長老(中央手前)とヤサ師(奥)。

071118020420
同じく、終夜読経の模様。写真はasatoさんのご提供。

二日間にわたって法要に参加された禅東院副住職様のブログ「こころの修行だね、現場で気づく」にも詳細なレポートと写真が載っています。ぜひご覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/kiko1129jp/52048803.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kiko1129jp/52076039.html

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

071010134008
今日は八王子の寺田戒壇でウポーサタ(布薩)儀式。スマナサーラ・ナーヤカ長老、ダンミッサラ・ナーヤカ長老、コーサッラ長老、スダンマ師、ヤサ師、ワンギーサ師、ナーギタ比丘の七名で執り行いました。

071010134059
戒律を確認する前の懺悔の様子。長老比丘と年下の比丘が交互に、前回の布薩から今日までの間に破れてしまった戒律を懺悔しあうのです。

071010143639
厳粛なるウポーサタ儀式と読経供養を終えて座談されるスマナサーラ長老(左)とダンミッサラ長老(中央)。

秋のさわやかな空気の下、寺田戒壇の周囲には私たちを迎えるかのようにたくさんのコスモスが咲いました。お釈迦さまの時代を髣髴とさせるような青空戒壇でのウポーサタは格別に印象深いものとなりました。(撮影:ナーギタ比丘)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

足利正明師のご逝去

| | コメント(0)

三月十六日午後六時より、八王子市山田の曹洞宗天海山雲龍寺にて同寺三十七世住職足利正明大和尚のお通夜が営まれました。小西会長はじめ日本テーラワーダ仏教協会メンバーも参列しました。

足利正明大和尚は長年にわたり日本スリランカの友好親善と社会福祉事業に尽力されてこられたお坊様として知られます。彼国での支援に留まらず、正山寺国際仏教センターにダンミッサラ大長老をお迎えし、厚く外護してこられたのも足利師です。同寺は在日スリランカ人の精神的拠り所として篤い信仰を集めており、ゴータミー精舎などと並んで日本国内におけるテーラワーダ仏教伝道の拠点として機能しています。

アスギリヤ大精舎僧王猊下より戒壇用地提供の感謝状を受け取る足利正明大和尚(右)

また、昨年4月、スリランカの大寺派両本山の一つ:アスギリヤ大精舎僧王猊下ご一行が来日された際]に、八王子市寺田の土地を日本国内初となるテーラワーダ仏教の戒壇用地として提供されたこと(八王子寺田戒壇)は協会会員の方の記憶に新しいことと存じます。まさに日本におけるテーラワーダ仏教の大功徳主、テーラワーダ仏教徒にとっての大恩人というべき御方です。

広大な雲龍寺境内は、別れを惜しむ数百名の参列者で埋め尽くされていました。
故人の高徳を偲びご冥福を祈念いたします。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

12月10日日曜日の午後、八王子禅東院(東福寺)境内の戒壇院に、モンゴル家屋ゲル(パオ)を活用した仮本堂が建立されました。

作業の様子を撮影したビデオをyoutubeに公開しました。ぜひご覧下さい。


底板パネルの位置決め


壁の骨組み“ハナ”を組み立てる

壁の骨組みを紐でしっかり固定


扉を取り付けて、天井骨組みを用意


天井窓に天井骨組みをさしこんで、壁面に固定する


壁と天井に内布を被せる


壁と天井の外布を紐で固定して、天窓にも布を被せれば完成。中はとても暖かい

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

12月10日日曜日の午後、八王子禅東院(東福寺)境内の戒壇院に、モンゴル家屋ゲル(パオ)を活用した仮本堂が建立されました。

禅東院さんがモンゴルから直輸入したパーツを、禅東院大石副住職、正山寺のスダンマ師、ゴータミー精舎のヤサ師、ワンギーサ師、協会ボランティア一同で、2時間半ほどかけて組み立てました。以下作業中の写真です。※youtubeに当日のビデオ映像を公開しています。ぜひご覧下さい。 >>>こちら

Sany0004
戒壇地に運ばれたモンゴル・ゲル(パオ)の部品。分解して馬で運べるようにコンパクトに分けられています。

Sany0018
床パネルの周りに“ハナ”(壁骨組)を拡げて紐で固定します。運んでいるのはゲルの扉。

Sany0038
天井窓(明り取り)に“ウニ”(天井骨組み)をさしこみ、“ハナ”(壁骨組)に固定する。壁面で屋根を支える構造です。

Sany0048
巨大な籠のような状態です。

Sany0056
外壁に沿って、内布を取り付けているところ。

Sany0073
屋根を被せる

Sany0083
外布を外壁と天井に被せれば完成間近。

Sany0122
ゲルの内部でくつろぐスダンマ師。お釈迦さまをお迎えして法要を営みました。

Sany0124_1
完成したゲルのなかはとても暖かく、楽しく歓談しているうちに日が暮れました。最後に皆で記念撮影。

12月20日のウポーサタ(布薩)から、モンゴル・ゲル(パオ)の仮設戒壇院が活用されることになります。この功徳によって皆様が幸福でありますように。

※youtubeに当日のビデオ映像を公開しています。ぜひご覧下さい。 >>>こちら

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Pao

八王子禅東院の戒壇院にモンゴル直送の仮本堂(パオ)が建立されます。
皆さんも、組み立て作業に参加しませんか?

興味のある方は、12月10日(日)午後1時、禅東院に集合!

場所:八王子市本町17-19
禅東院 東福寺戒壇院内
電話:042-622-1394

禅東院ホームページ

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

4月30日(日)正午より、赤坂プリンスホテル別館ホールにて、『祝“戒壇認定 精舎四方サンガお布施”レセプション』(主催:日本テーラワーダ仏教協会)が開催されました。現在来日中のアスギリヤ大精舎法王猊下ご一行はじめとする比丘サンガ約20名を主賓としてお招きし、東西の三箇所におけるテーラワーダ仏教の『戒壇』認定とゴータミー精舎(東京都渋谷区)、アラナ精舎(大阪府岸和田市)の四方比丘サンガへのお布施を記念、法王猊下を歓送するためのイベントです

060430zentai_2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちSiimaa 戒壇カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはDhammacastです。

次のカテゴリはTheravada Online番組表です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1