Dhammacast: 2007年12月アーカイブ

「『神の不在』と道徳の根拠」(39分29秒)をダウンロード

A. Sumanasara thero. Photo by Harumi Aida

今年の八月、カトリック教会の福者である故マザー・テレサの書簡が公開されました。その中で彼女が長い間「神の不在」に悩んでいたことが明らかになり、世界に大きな衝撃を与えました。

この出来事について質問を受けたスマナサーラ長老は、生涯を他の幸福のために尽くした彼女の冥福を願いつつ、「神の不在」と道徳の根拠について、法話をしてくださいました。

(2007年12月20日 千駄ヶ谷区民会館「上座仏教教室」にて収録)

本編がことし最後のDhammacastとなります。
皆様よい年をお迎えください。

~生きとし生けるものがしあわせでありますように~

「なぜ渇愛が生れるのか?」(34分49秒)をダウンロード

Dsc_0040

久々のDhammacastは録って出しの上座仏教教室Q&Aより。

「では、質問します、私から。
 なぜ人々に渇愛が生れるのでしょうか?」

スマナサーラ長老からの質問に、参加者が果敢に答えます。さあ、皆さんも一緒に考えてみてください。
(2007年12月13日 千駄ヶ谷区民会館にて収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

今日は北伝仏教の成道会。

若手の僧侶を中心として運営されている、超宗派仏教徒によるインターネット寺院「虚空山 彼岸寺」主催の講演会、『仏になるための仏教講座』 Vol.1「いま生きるためのブッダの智慧」にA.スマナサーラ長老が出講されました。

1208_1

会場は神谷町の浄土真宗梅上山光明寺。本堂から見上げると東京タワーがすっくとそびえるビューポイント。本堂前は寺カフェ・神谷町オープンテラスとしても開放されています。写真は光明寺墓苑(東京タワー側)から見た光明寺の全景。

1208_2

光明寺の境内に入ったとたん、たくさんのボランティアスタッフが丁寧にお掃除している様子がすごく印象に残りました。写真は本堂での受付の様子です。協会から参加した方のご協力で関連書籍の販売もさせていただきました。

1208_3

光明寺本堂で講演されるスマナサーラ長老。「手形仏教と現金仏教」というテーマでお話されましたが、受講者からはとても鋭い質問もされて、成道会に相応しい、たいへん充実した講演になったと思います。質疑応答の後、成道会の短い法要が営まれ、オープンテラスでお茶を飲みながら1時間ほどの懇親会も開かれました。スマナサーラ長老は受講者の皆さんから質問攻めにあっていました。

講演の模様は彼岸寺のポッドキャストでも配信されるそうです。お聞きのがしなく!

最後に、素晴らしい会を主催してくださった彼岸寺の皆様、どうもありがとうございました。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2007年12月以降に書かれたブログ記事のうちDhammacastカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDhammacast: 2007年11月です。

次のアーカイブはDhammacast: 2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1