Dhammacast: 2007年1月アーカイブ

「有意義な「成功」のために不可欠なこと」(23分28秒)をダウンロード

DSC_0268

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。
今回はかやの木会館での月例講演会よりハイライト。

■有意義な「成功」のために不可欠なこと
成功は二つあります。無意味になる成功と有意義な成功です。

  • 成功の基本
    • 考えたから、計画を立てたから、努力したから、運が良かったからなどでは成功はしません。
    • 成功は因果律(因縁による)です。
    • 原因条件によって決まっている結果が自ずと現われる。
    • 成功を期待する人は、「自我」、欲などを押さえて「因縁」のみを調べて揃う。
    • 「行為」があるが行為する主体(自分)がいないという真理を理解しておく。
  • 無駄な成功
    • 俗世間では沢山あります。
    • 必要だと思う目的でも、やがて無駄になることもあります。
    • 貪瞋痴の感情で築いた成功は結局は無駄になります。
    • ご本人様は全てを置いてこの世を去らなくてはならないのです。
    • 貪瞋痴の成功は必ず悩み・苦しみを伴う。
  • 有意義な成功
    • 結果が長持ちするもの、喜び・幸福を与えるものに成功することです。
    • 他人を助ける、人の役に立つこと、心を清らかにする努力、悪をなくす行為、善を行う行為、智慧を開発すること、解脱することは長持ちする、幸福を与える、有意義な成功です。
    • 解脱は生きる目的に達することでもあり、最終的な成功なのです。
  • キリストとブッダ
    • へ?と思えるが、二人とも世界宗教二つの開祖です。
    • キリストの場合は「凄い」ところは「神の子」あること、神と子は本来的に超特権を占領しています。(人間には真似できない)
    • ブッダが生命が「平等」の世界の存在です。
    • しかし、地道に努力して「生命の最高位」に達する。
    • 「だれにでもできるのだ」というメッセージは仏教にある。
    • (菩薩には)特権はないが、特訓があるのです。
    • (ブッダは)生命のからくりを一切バラしてます。進むべき道もその方法も説かれています。
    • ブッダの過去生物語は、偉大なる境地に達するための長い道順のエピソードなのです。
    • この世では、経験、訓練、下積みなしには、何にも達しないのです。

『菩薩の「下積み」大作戦~「経験」を生かすブッダの智慧~』(2007年1月27日かやの木会館)より

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「『本来の自己』という錯覚」(38分24秒)をダウンロード

DSC_0268

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。

・「本来の自己」という錯覚
・悟った人は手ごわい人
・後ろ向き志向よりは「邪見」の方がマシ?
・自我が機能していないときにだけ成功できる。

(2007年1月11日、ゴータミー精舎特別法話会より)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「“ブッダの教え”のファンになろう」(57分54秒)をダウンロード

新年祝福法要でのスマナサーラ長老の法話をポッドキャスト配信します。

Dsc_82781月8日、ゴータミー精舎に10名の比丘サンガのお坊様方をお迎えして、日本テーラワーダ仏教協会の新年祝福法要が開催されました。お布施参加者・法要参加者含めると記帳分だけで180名以上が参加。禅東院の若方丈さんがブログ「こころの修行だね、現場で気づくこと」に早速レポート()を書いてくださってます。

午後2時からのスマナサーラ長老のご法話は、『テーラ・ガーター(長老偈)』に収録されたダンミカ長老の詩(当日の資料PDF)を紹介しながら、「“ブッダの教え”のファンになろう!」と呼びかける、新年のはじまりにふさわしい明るい祝福の法話でした。皆様が最高の吉祥たる「法を聴くこと」を通じて、有意義なる一年をスタートされますように!

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2007年1月以降に書かれたブログ記事のうちDhammacastカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDhammacast: 2006年12月です。

次のアーカイブはDhammacast: 2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1