法話の記録: 2008年1月アーカイブ

Sumanasara1 スマナサーラ長老の「上座仏教教室」(2008年1月24日ゴータミー精舎)質疑応答より。

Q 八ヶ月も冥想続けて、何の体験もない。同じところをグルグル回っている感じがします。本を読んだりすると、冥想していろいろ体験を得る人もいるみたいですけど……

  

A (冥想をして何かの現象、神秘体験を求める人は、)残念ながら、冥想で成功しない道を選んでいるようです。ブッダの道からかなりずれています。これって困ったもので、人が真面目に冥想しようとすると、誰かが横から口を挟んで、道を壊してしまうのです。なんて慈悲がないことかと思います。自分に(冥想を成功)出来なくたっても、(冥想を)やる人にはやらせておくべきでしょうし。

 だから、そういう妄想概念を目指して冥想しても、それは冥想ではないんです。「妄想をやめるために冥想する」んです。どうしてそんな無責任なことを書いてある本を読むんでしょうか? なんでそういう無責任な人の話を聞くんでしょうか? これはブッダの道じゃないんですよ。
 これはすごいぞ、あれができるぞ、と餌を出して人を引き寄せるのはブッダの道ではないんです。神秘体験があるんだ、俺もやるぞ、というのは、餌に引っかかっているだけでしょうに。それは歩む道が違います。

このアーカイブについて

このページには、2008年1月以降に書かれたブログ記事のうち法話の記録カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは法話の記録: 2007年12月です。

次のアーカイブは法話の記録: 2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1