愛・地球博(スリランカ館)の最近のブログ記事

IC_out
弁当の持込の可否とかせこい話題ばかり取り上げられがちな愛・地球博ですが、実は海外パビリオンがなかなかがんばっているそうです。なかでもテーラワーダ仏教国のスリランカ館では、色鮮やかに装飾された館内にブッダ(お釈迦さま)の生涯を描いた仏伝画が描かれているそうです。揮毫したのは、我らがゴータミー精舎の天井画・仏殿光背も手がけたスニル・ガーミニー画伯。となれば俄然関心が沸くではありませんか!このたび、協会勝手に特派員のUpest女史が撮ってきてくれたスリランカ館の写真を一挙公開いたします。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち愛・地球博(スリランカ館)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは寺猫です。

次のカテゴリは慈悲の冥想です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2005年4月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1