寺猫: 2004年7月アーカイブ

iyou.jpg日本テーラワーダ仏教協会のメルマガ
『テーラワーダ仏教通信』 032号を本日送信しました。

***目 次***
☆今週の言葉(Q&Aより 妹をなぐさめてあげたい)
☆HP更新情報
☆ゴータミー精舎日記より
☆行事案内(急告!カウィダザ長老 法話と冥想会など)
☆編集後記(パティパダー8月号の読みどころ)

ちょっと間隔が空いてしまいましたが、8月上旬の予定やカウィダザ長老冥想会など、協会HPの他所に先駆けて告知しております。ぜひご一読を!

~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

猫の手借りてます。
gotami040712_2.jpg

k-2mini.jpg
協会の新刊、『怒りの無条件降伏 ~中部経典「ノコギリのたとえ」を読む~』が書店に並び始めました。昨日、書店取次ぎの地方小出版流通センターさんから追加注文がかかった他、書店からの注文もボチボチ入ってきています。書籍データベースにも登録されたようで、オンライン書店bk1アマゾン(品切れ)・ジュンク堂イーエスブックスなどなど、扱ってくれてます。しみじみとイイ本なので、多くの方に手に取っていただければと願っております。

~*~* 祈願衆生皆安楽 *~*~

gotami040706_1.jpg

『パティパダー』入稿前にてお疲れモードなので、和み画像でほっと一息。
スマナサーラ長老からデザートを分けてもらっているムーシカ(鼠)です。ミルクティも好き。

~*~* よろず生きとし生けるもの 幸せであれ安穏であれ*~*~

日本テーラワーダ仏教協会HP表紙の拡大写真。
gotami040707mor.jpg
メルマガ031編集後記の答えです。

6月25日の金曜日、お寺の近所で衰弱しているところを保護しました。目と鼻がひどい炎症を起こしており、シラミとノミだらけ。獣医さんにも失明するかもと言われたのですが、お寺で看病したらすっかり元気になりました。長老から「ムーシカ(パーリ語で鼠の意味)と名前をつけていただき、ムーちゃんムーちゃんいって皆で可愛がっています。毎日態度がでかくなって、もう精舎の何処にでも勝手に入っていきます。こないだはダーヤカ会議におとなしく参加していました。お経が大好きで、毎朝のお勤めには必ず参加しています。まぁ、この姿勢はどうかなぁと思うけど、これが猫の「正座」なのかな?

~*~* よろず生きとし生けるもの 幸せであれ安穏であれ*~*~

このアーカイブについて

このページには、2004年7月以降に書かれたブログ記事のうち寺猫カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは寺猫: 2004年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1