行事報告: 2007年1月アーカイブ

Dsc_82781月28日14:00より、スマナサーラ長老のヴィパッサナー瞑想指導の会(於:ゴータミー精舎)を開催。テレビ東京日曜夕方(18:30-19:00 サザエさんの裏)の番組「トコトン ハテナ」の取材が入りました(2月25日(日)に放映予定)。

初心者指導には20名以上が参加。質疑応答の時間も、素直な質問が多くてためになったと思います。ご法話のおわりごろ、スマナサーラ長老が「自分」を川の流れにたとえてお話したくだり、信じられないほど美しかったので、メモから紹介します。

流れる川のように生きる

変わらない自分はいません。瞬間瞬間、自分は変わるんです。
だから瞬間瞬間、自分が幸せであるように生きることです。
自分というのは、流れる川のようなものです。
生きることは「流れ」ですから、変わらない「自我」は成り立たないのです。
自我が出たとたん、ワガママになって、物事がみえなくなって、頑固になって不幸になってしまう。
自我の気持ちがあるから、ものすごく苦しみが生まれる。
ケンカすることも、落ち込むことも、強烈な自我なんです。
全部流れるのです。嫌なことがあってもその瞬間だけ。
川は流れるものだから、止まったら、もう川ではないのです。
川は流れるけれど、暴流になって氾濫したら皆が困るでしょう?
川が美しく流れるとき、両岸の土地にも水を与えて、農作物にも水を与えながら、皆に幸福を与えながら、海に注ぐのです。
自分という川が、自他に迷惑かけることなく流れることが、幸福なんです。
美しく流れる川は、ダムを作ればそこで発電できる。
田んぼを作ればそこに栄養与えてくれるし、あらゆる生命がそこで生きていられる。
そうやって、美しく海に流れていく。
我々もそんなしっかりした川のように生きていかないといけないんです。
(アルボムッレ・スマナサーラ長老 28.Jan.2007 ゴータミー精舎での法話より)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Hyoshi0702本日午後、ゴータミー精舎に多数のボランティアの皆様方にご参集いただき、日本テーラワーダ仏教協会機関誌『パティパダー』2月号の発送を完了いたしました。

『パティパダー』2月号 目次一覧

今回のパティパダーには巻頭法話の偈文翻訳でお馴染み江原通子さんによる施本『「テーリー・ガーター」に聴くブッダのことば』を同封いたしました。月刊小冊子『心の糧』(仏教振興財団)連載のエッセイをもとに編集された著書です。

「テーリー・ガーター(長老尼偈)」は、釈尊の御許で出家され、悟りをひらかれたウッパラヴァンナー長老尼、マハー・パジャーパティー・長老尼、ケーマー長老尼といった女性の聖者(阿羅漢)方が、自らの解脱の境地を詠われた最初期の仏教経典です。

最適の訳者によって格調高く訳出され、慈味ふかく平易な日本語で紹介された「テーリー・ガーター(長老尼偈)」の詩と物語は、皆様が法眼をひらき心の平安にいたるためのよき導き手となることでしょう。パティパダー本誌と併せて、味読されることをおススメいたします。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「“ブッダの教え”のファンになろう」(57分54秒)をダウンロード

新年祝福法要でのスマナサーラ長老の法話をポッドキャスト配信します。

Dsc_82781月8日、ゴータミー精舎に10名の比丘サンガのお坊様方をお迎えして、日本テーラワーダ仏教協会の新年祝福法要が開催されました。お布施参加者・法要参加者含めると記帳分だけで180名以上が参加。禅東院の若方丈さんがブログ「こころの修行だね、現場で気づくこと」に早速レポート()を書いてくださってます。

午後2時からのスマナサーラ長老のご法話は、『テーラ・ガーター(長老偈)』に収録されたダンミカ長老の詩(当日の資料PDF)を紹介しながら、「“ブッダの教え”のファンになろう!」と呼びかける、新年のはじまりにふさわしい明るい祝福の法話でした。皆様が最高の吉祥たる「法を聴くこと」を通じて、有意義なる一年をスタートされますように!

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2007年1月以降に書かれたブログ記事のうち行事報告カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは行事報告: 2006年12月です。

次のアーカイブは行事報告: 2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1