芳名帳: 2004年7月アーカイブ

去る7月20日午後、ゴータミー精舎にて、協会機関誌『パティパダー』8月号の発送作業が行われました。8月号には協会の出版総目録が掲載されています。
今回から封筒にアドレスを直接印刷する形になり、作業もずいぶん効率化されました。それでも誤記の訂正などがあって直前までてんやわんやでしたが、集まってくださった多くのボランティアの方々の尽力で無事発送を終えることができました。終了後のお茶会には、豪華なお菓子が並びました。
gotam040720_3.jpggotam040720_2.jpg

同日、ミャンマーから来日中のエディバラ長老が精舎を訪問され、午後七時過ぎまで精舎にいた皆さんの質問に答えて下さいました。長老とともに在日ミャンマー人のご家族もお出でになり、白檀の釈迦如来像を精舎に寄進されました。
gotam040720_1.jpggotam040720_4.jpg

gotami040713_1.jpg

JACA施設での研修に参加したカンボジア人留学生のグループが、ゴータミー精舎を参詣されました。これから二年間、首都圏や新潟の大学で農業や法学・経済・国際関係学などを勉強されるそうです。国の将来を担う優秀な若者たち。仏教徒らしい、とても和やかで爽やかな印象を受けました。スマナサーラ長老もいらっしゃったので、しばし歓談ののち記念撮影をしました。後列左側はスマナサーラ長老、右側はワンギーサ師・ヤサ師、前列はカンボジア留学生の皆さんと精舎ボランティアの方です。

~*~* よろず生きとし生けるもの 幸せであれ安穏であれ*~*~

gotami040703_1.jpg
7月3日午後、ミャンマーから来日中のニャーニッサラ長老をお招きしての法話会、「心について-------心で心を管理する」(第一回)が開催されました。井上ウィマラさんの流暢な通訳で、ヴィパッサナー修行のうち、心随念の修習法がテーマ。心(チッタ)と心所(チェータシカ)に関する基礎的な説明から始まり、ヴィパッサナー修行で「おもい」を観察する方法について密度の高いご法話をしてくださいました。来日中の他のミャンマーのお坊さま方も、ニャーニッサラ長老のご法話を聞こうとたくさんお出でになりました。
gotami040703_2.jpg
法話会の終了後に参加者全員で記念撮影をしました。ニャーニッサラ長老の第二回目の法話会は7月11日(日)です。どうぞお聞き逃しなく!

~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

このアーカイブについて

このページには、2004年7月以降に書かれたブログ記事のうち芳名帳カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは芳名帳: 2004年5月です。

次のアーカイブは芳名帳: 2004年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1