施本PDF『常に観察すべき五つの真理 Abhiṇhapaccavekkhitabbaṭhānasuttaṃ』

| | コメント(0) | トラックバック(0)

itsumo.jpg
スマナサーラ長老の経典解説(日本テーラワーダ仏教教会機関誌『パティパダー』連載)をまとめた施本をPDFで公開いたします。ダウンロードしてご自由にお読み下さい。

※このPDFファイルの商用利用や他サイトでの再配布、改変は固くお断りいたします。


はじめに

  今回ご紹介する経典の名前は「Abhiṇhapaccavekkhitabbaṭhānasuttaṃ」です。長いタイトルになっていますが、おそらく、どんな人にも意味が分かるようにと意図的に長くした可能性もあります。
 タイトルを少し分析してみますと、まず abhiṇha というのは「常に、いつでも」という意味で、paccavekkhitabba は「観察すべき、考慮すべき、思い浮かべるべき」という意味です。人間には、頭の中でいろいろなことを思い浮かべたり考えたり妄想して楽しみたい、というところがあります。でも、仏教ではそれは認めません。なんでもかんでも好き勝手に思い浮かべることはよくない、と教えています。そして、好き勝手に妄想するかわりに、思い浮かべるべき項目を設定し、それらを繰り返し思い出して頭の中で常に回転させるように、と教えているのです。
 次の語 ṭhāna は、この経典では「項目」や「箇条」という意味で使われています。suttaṃは「経典」です。
 これらの語を合わせて、全体の意味としては「常に観察すべき項目の経典」となります。いわゆる、朝も昼も晩もいつでも思い浮かべるべき項目がこの経典で述べられているのです。文字どおりそのままの意味ですから、意味が分からないということはないでしょう。このように、誰にでも理解できるようにわざとタイトルを分かりやすくしてあるのです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

※施本は刊行の趣旨に賛同された人々のご喜捨で制作されています。次回刊行に向けてご協力頂ければ幸いです。【協会のお布施窓口

※過去掲載したPDF文献については協会HP内「PDF文庫/折々の法話より」で御覧頂けます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 施本PDF『常に観察すべき五つの真理 Abhiṇhapaccavekkhitabbaṭhānasuttaṃ』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/804

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2011年8月31日 13:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「施本PDF『仏道の八不思議 お釈迦様の教えの特色 pahārāda suttaṃ』」です。

次のブログ記事は「施本マンガPDF『五武器王子の物語 ~智慧は最強の武器~』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1