2010年6月アーカイブ

パーリ経典講義「相応部六処篇2受相応2独坐品独坐経」(2時間22分48秒)をダウンロード

DSC_0200.JPGのサムネール画像2010/06/22 ゴータミー精舎で開催されたスマナサーラ長老のパーリ経典講義の音声です。

※Ustreamの動画録画を公開していましたが、現在、観られなくなっているため、代わりに音声を配信いたします。

 「生きることは感覚が機能していることです。感覚が無くなったら、そこに死の恐怖が生まれているのです。私は釈尊の言葉のレベルを落として「感覚は苦である」という表現を使っていますが、釈尊はそうは言っていない。この経典に釈尊の仰った正確な説明がある。私が話す時は、いつでもこの経典の言葉が頭にあったのです。」(講義メモより)

スマナサーラ長老がそうおっしゃるほど重要な経典(相応部六処篇2受相応2独坐品独坐経)の解説です。初期仏教のエッセンスが凝縮された素晴らしい講義でした。




~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1