ブッダ初転法輪の地で考える―なぜ中道・四諦・八正道だったのか?(Dhammacast)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
ブッダ初転法輪の地で考える―なぜ中道・四諦・八正道だったのか?(66分33秒)をダウンロード

久々の音声版Dhammacastは、去る2009年11月29日夜、お釈迦様が初めて説法された場所として知られるインド・サールナート(鹿野苑)の初転法輪寺(ムーラガンダクティー・ヴィハーラ)でのスマナサーラ長老の説法をお届けいたします。

DSC_8954.JPG

ブッダはなぜ、中道と四聖諦という形で説法を始められた(初転法輪された)のか?この根本的な問題について、スマナサーラ長老が鋭く斬り込んでいきます。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブッダ初転法輪の地で考える―なぜ中道・四諦・八正道だったのか?(Dhammacast)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/717

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2010年2月27日 20:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年1月26日スマナサーラ長老のパーリ経典解説動画(USTREAM)」です。

次のブログ記事は「2010/2/21 青年交流会のお食事のお布施会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1