2009年5月アーカイブ

2009(仏暦2553)年5月24日(日) ウェーサーカ祭・釈尊祝祭日チラシ去る5月24日に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された日本テーラワーダ仏教協会のウェーサーカ祭・釈尊祝祭日の写真レポートです。(ケイタイのカメラのため、低画質御容赦を......)

090524-103600.jpg
ステージに飾られたウェサック・クードゥワ(ウェーサーカ灯篭)。日本のお盆灯篭が原型だそうです。

090524-110824.jpg
ロビーの展示。スリランカの仏教文化の紹介、ブッダの生涯を描いた細密画パネルなどが、所狭しと掲げられていました。

090524-110940.jpg
書籍販売コーナー。ブックアドバイザーによる丁寧なポップも魅力。

090524-111008.jpg
ブッダのフェルト人形。『パティパダー』の表紙を飾った根岸まりさんの作品。

090524-115749.jpg
『パティパダー』の表紙を飾ったさまざまなアーティストの原画展。写真はたまきゆきこさんの作品。

090524-115927.jpg
ロビーには日本の電灯である「花祭り」の花御堂(誕生仏のお堂)も再現されました。ちょっとした仏教文化テーマパークといった風情でした。

090524-111031.jpg
小さなお子さん向けに、ロビーでは青年部によるジャータカ紙芝居も上演。また、開演までのひと時、ステージではブッダの生涯をGoogle Earth画像で再現したスライドショーが上映されました。

090524-153133.jpg
13時の開演とともに僧侶のお練り行列が法螺貝を吹き鳴らしながら行進。ステージ中央にお釈迦様の坐像を安置して、ウェーサーカ祭がいよいよスタート。

090524-143300.jpg
テーラワーダ仏教比丘サンガと日本大乗仏教僧侶による仏賛法要と来賓挨拶を経て、パーリ仏教学の権威である前田惠学先生(文化功労者)による記念講演『仏教の開祖 釈尊』が行われました。

090524-154752.jpg
休憩を挟んで、スマナサーラ長老によるウェーサーカ記念法話です。

090524-171247.jpg
続けて、参加者との活発な質疑応答が交わされました。

090524-173949.jpg
ウェーサーカ祭をしめくくる、比丘サンガによる祝福の読経が会場に響き渡ります。

090524-182012.jpg
閉会(30分ほど延びました)後、比丘サンガより祝福の聖糸と聖水の授与がありました。

まだ集計はしていませんが、当日は500人から600人ほどの方が参加してくださったようです。新型インフルエンザの流行で外出を控える方も多い中、足を運んでくれた皆様に心より感謝申し上げます。

釈尊の出現を祝う法要に参加された功徳によって、皆様と、親しい人々と、そして一切衆生が、幸福でありますようにと祈念いたします。ありがとうございました。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

日本テーラワーダ仏教協会の機関誌『パティパダー』B.E.2552/2009年6月号(vol.16 no.2)が本日発送されました。数日で皆様のお手元に届くと思います。今回も精舎にお集まりいただいたボランティアの皆様のご尽力で、すみやかに発送作業を終えることができました。心より御礼申し上げます。

h1_4_09_06.jpg

6月号の表紙写真は、相田晴美さん撮影のブッダガヤ大塔です。目次は以下の通り(PDFファイル)。

『パティパダー』B.E.2552/2009年5月号(vol.16 no.2)目次PDF

☆『パティパダー(paTipadaa)』は日本テーラワーダ仏教協会の会員向け月刊誌です。

<入会(購読)方法>
初年度会費として、7千円(次年度から年間5千円)を下記の郵便口座までお振込みください。通信欄には「 入会希望」と記入してください。毎月、機関誌『パティパダー(paTipadaa)』をお送りいたします。※パティパダー購読のみ希望の場合も条件は同じです。ご不明の点は協会事務局まで、お電話(03-5738-5526)か電子メール(info◆j-theravada.net ※◆を@に変えてください)でお問合せください。 

【郵便振替口座】
00120-5-763914 日本テーラワーダ仏教協会
※協会への入退会は自由です。

生きとし生けるものが幸せでありますように

Googleマップを使って、日本テーラワーダ仏教協会の関連地図を作成してみました。以下のリンクからご覧ください。


ゴータミー精舎(東京都渋谷区)アラナ精舎(大阪府岸和田市)佐賀新精舎(佐賀県鹿島市)マーヤーデーヴィー精舎(兵庫県三田市)正山寺釈迦牟尼国際仏教センター(東京都八王子市)ダマディパ冥想センター(東京都新宿区)と、各地のダンマサークル、ご縁の深い伝統仏教寺院、戒壇所在地などが分かるようになっています。

まだまだ微々たるものですが、協会の活動が日本全国に広がりつつあることが目に見えて分かると思います。

CIMG1823.JPG

~生きとし生けるものが幸せでありますように~


ご報告が遅れましたが、去る5月8日(金)、藤井敬三さんの寄進による日本テーラワーダ仏教協会三番目の精舎、佐賀新精舎(佐賀県鹿島市音成)が開基されました。当日の落慶式にはアルボムッレ・スマナサーラ・ナーヤカ長老が招かれ、盛大な法要が営まれました。

CIMG1519.JPG
佐賀新精舎の外観

CIMG1522.JPG
精舎内部の様子。畳敷きの落ち着いた雰囲気です

CIMG1529.JPG
寺犬さん

CIMG1537.JPG
施主の藤井さんが営む自然農園を見学する参加者

CIMG1539.JPG
たわわに実った木イチゴ

CIMG1541.JPG
祝福法要の様子

CIMG1546.JPG
記念法話をされるスマナサーラ長老

CIMG1551.JPG
参加者への聖糸と記念品の授与

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
本日(2009年5月17日)09:30より、兵庫県三田市対中町のマーヤーデーヴィー精舎と付設のダンマチャッカマハーシーマー(戒壇堂)において、入仏式と比丘サンガへの精舎お布施式とサラナンカラ比丘(俗名:高橋和之さん)の出家式、そしてウェーサーカの集いが開催されました。

CIMG1696.JPG
出家式の朝を迎えた高橋和之さん

CIMG1709.JPG
ご本尊のお釈迦さまを精舎にお迎えするパレードの準備風景。ゴータミー精舎(東京都渋谷区)、アラナ精舎(大阪府岸和田市)、正山寺(東京都八王子市)、そしてスリランカから参集された11名の比丘サンガのお坊様方と。マーヤーデーヴィー精舎近くの駐車場にて。

CIMG1720.JPG
マーヤーデーヴィー精舎に向かって進むお釈迦様とスマナサーラ・ナーヤカ長老をはじめとする比丘サンガ、在家参加者ら。

CIMG1731.JPG
マーヤーデーヴィー精舎に到着したパレード。

CIMG1734.JPG
精舎に入場するお坊様方と出迎えの人々。

CIMG1736.JPG
本日の大法要の告知文が張り出されたマーヤーデーヴィー精舎の掲示板。

CIMG1739.JPG
2階本堂にて入仏式法要の準備中。

CIMG1742.JPG
入仏式法要の様子。比丘サンガと参加一同、お釈迦様に向かって三帰依五戒と読経、慈悲の冥想を修する。

CIMG1743.JPG
マーヤーデーヴィー精舎2階本堂に安置されたお釈迦様坐像。

CIMG1746.JPG
引き続き、戒壇堂に移動して高橋和之さんの出家式が執り行われた。戒壇建立後、はじめての法事が比丘出家式というこの上ないめぐり合わせに、戒壇内は厳粛さとともに明るい雰囲気に包まれた。

CIMG1752.JPG
比丘出家に先立ち、沙弥として法衣をまとうことの許可を比丘サンガに請願する高橋さん。

CIMG1754.JPG
戒壇堂での出家式の様子は境内の仮設テントや本堂、そしてインターネットでも中継された。

CIMG1771.JPG
沙弥出家の後、改めて比丘戒を授けてもらうことを比丘サンガに請願し、入門のための問答を行う。2500年変わることなく続くこの儀式の後、サラナンカラ比丘が誕生した。

CIMG1766.JPG
記念すべき出家式を指揮したのは比丘サンガの最長老であるスマナサーラ・ナーヤカ長老。長老方はみな重衣をまとった正装で臨まれていた。

CIMG1775.JPG 
出家式を終えて、お釈迦様と比丘サンガへの昼食のお布施。マーヤーデーヴィー精舎でのはじめてのお布施です。

CIMG1776.JPG
続いてお昼休みに。アクリルのプレートに掲示されたマーヤーデーヴィー精舎建立のお布施者リスト。自分や友人・家族の名前をみつけて写真に撮る人も(うれしくて、私も撮りました)。

CIMG1782.JPG
ボランティアの皆様の名前を書いた「感謝のツリー」。

CIMG1783.JPG
インド仏教聖地の砂と仏足プレート。本堂脇の廊下に展示。

CIMG1796.JPG
14:00頃から、午後の部。マーヤーデーヴィー精舎を四方比丘サンガにお布施する儀式と、ウェーサーカの集いが行われました。開会の言葉を述べる小西純一会長。悪天候の中、200名もの老若男女が集いました。

CIMG1806.JPG
あらためて、お釈迦様に供花と灯明、香をおそなえする。功徳を分け合うために、全員で手を触れます。

CIMG1818.JPG
子供たちが、お坊様に教えていただきながら、お釈迦様におそなえをします。

CIMG1823.JPG
インダラタナ長老の英語での法話、ダンミッサラ・ナーヤカ長老のガーター読誦につづき、記念法話をされるスマナサーラ・ナーヤカ長老。ブッダへの信頼が人生を成功に導くという力強いお話でした。

CIMG1826.JPG
スマナサーラ・ナーヤカ長老のお話を受けて、挨拶をされる大施主の天野陽子さん。マーヤーデーヴィー精舎の土地と戒壇堂建物を寄進し、精舎完成まで建設委員会の中心でご尽力されました。続いて建設委員長の藤本晃師、笛岡泰雲老師からも挨拶をいただきました。

CIMG1828.JPG
「Sabbe sattaa bhavantu sukhitattaa 生きとし生けるものが幸せでありますように」マーヤーデーヴィー精舎の壁面に描かれた、ブッダのことば(スッタニパータ:慈経より)。

CIMG1829.JPG
マーヤーデーヴィー精舎の玄関。

CIMG1830.JPG
勝手口側からの外観。

CIMG1832.JPG
15分ほどの休みを挟んで、比丘サンガにより祝福法要が執り行われ、岡田副会長の閉会の辞をもって、本日のスケジュールはすべて終了しました。最後に比丘サンガより聖糸と記念品が授与され、みな晴れやかな顔でマーヤーデーヴィー精舎をあとにされていました。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Happy Wesak Day!!

今年も釈尊(お釈迦様)の降誕・成道・般涅槃をお祝いするウェーサーカの季節がやってきました。

仏紀2553年(西暦2009年)ウェーサーカ祭を記念して、日本テーラワーダ仏教協会のオリジナル壁紙を配信します。今年も協会の月刊誌『パティパダー』5月号(Vol.16 No.01)表紙イラストをもとに上杉久代さんがデザインして下さいました。

ウィンドウのサイズに合わせて数種類用意しました。ぜひご活用下さい。

09wesak800_600.jpg

800*600

09wesak1024_768.jpg

1024*768

09wesak1280_800.jpg

1280*800

09wesak1280_1024.jpg

1280*1024


ウェーサーカを盛大にお祝いするイベント、2009(仏暦2553)年5月24日(日) ウェーサーカ祭・釈尊祝祭日も、近づいて参りました。お誘い合わせのうえ、ふるってご参加ください。


~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1