[Dhammacast]ただいま聴ける法話リスト2

| | コメント(1) | トラックバック(0)

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話をMP3ファイルで公開!ポッドキャスティング“Dhammacast”の現在までの配信リストです。

中有(中陰)はあるのか?三明と六通・他

2008年1月24日ゴータミー精舎「上座仏教教室」での質疑応答より

「欲」と「意欲」とはどう違う?・他

1月19日名古屋初期仏教デーにおける、スマナサーラ長老と参加者の質疑応答(その3)

ブッダと論理の微妙な関係・他

1月19日名古屋初期仏教デーにおける、スマナサーラ長老と参加者の質疑応答(その2)

『無常の見方』の落とし穴・他

1月19日名古屋初期仏教デーでの、スマナサーラ長老と参加者の質疑応答(その1)

悟りと性格

性格分析の仏教的活用法の第2弾(2008年1月6日ゴータミー精舎)

性格分析の仏教的活用法

性格というキーワードから、「解脱への道」を指し示す(2008年1月6日ゴータミー精舎)

『神の不在』と道徳の根拠

マザーテレサの書簡をめぐって(2007年12月20日 千駄ヶ谷区民会館「上座仏教教室」)

長老の問い「なぜ渇愛が生れるのか?」

スマナサーラ長老からの質問に、参加者が果敢に答える(2007年12月13日 千駄ヶ谷区民会館にて収録)

名古屋初期仏教デーQ&A(3)

名古屋初期仏教デーQ&A(2)


名古屋初期仏教デーQ&A(1)

2007年10月14日、名古屋市笠寺の日本ガイシフォーラムにスマナサーラ長老を迎えて開催された『名古屋初期仏教デー』での質疑応答

瞑想指導(2)日常ヴィパッサナー『目覚めへの招待』

瞑想指導(1)慈悲の瞑想『目覚めへの招待』

質疑応答2(後編)『目覚めへの招待 Q&A』

質疑応答1(前編)『目覚めへの招待 Q&A』

講演2(後編)『目覚めへの招待 あなたはまだ眠っている』

講演1(前編)『目覚めへの招待 あなたはまだ眠っている』

9月15日に代々木オリンピック記念青少年総合センターで開催された2007年度 初期仏教(テーラワーダ)一日体験会(講演と冥想会)。当日のスマナサーラ長老講演『目覚めへの招待』、1時間半にわたって交わされた会場との質疑応答、休憩を挟んで行われた瞑想指導(慈悲の瞑想と日常ヴィパッサナー実践)を収録

仏教の堕落と再生/ほんとうの慈悲

2007年7月14日 名古屋市日本ガイシフォーラムにて収録

こころ問答

2007年7月14日 名古屋市日本ガイシフォーラムにて収録

「見た目で判断」の落とし穴

2007年7月14日 名古屋市日本ガイシフォーラムにて収録

パパンチャを破る-禅の物語『無門関』にちなんで

『無門関』第38則「牛過窓櫺」、六祖慧能の継法、道元禅師の「心身脱落」といった禅のエピソードを引いて、パパンチャを破った先人たちの境地を語る異色の法話(2007年7月12日千駄ヶ谷区民会館「上座仏教教室」での質疑応答より)

よりどころとすべきはブッダの話?世間の話?

2007年7月12日千駄ヶ谷区民会館「上座仏教教室」での質疑応答

ブッダ唯一の願いのために

2007年6月24日 (宗)日本テーラワーダ仏教協会総会における祝福のご挨拶

生命の「進化」はこころで決まる/言語とコミュニケーション

2007年6月22日(木)上座仏教教室での質疑応答より(ゴータミー精舎にて収録)

ブッダの「無価値」論/ブッダの道徳・世間の道徳

2007年6月9日 「ヴィパッサナー冥想と法話の会」(ゴータミー精舎)での質疑応答より

「心の病」と瞑想/「介護」を修行に

2007年5月24日 「上座仏教教室」(千駄ヶ谷区民会館)の質疑応答より

「仏教的」経営コンサルティング

2007年5月24日 「上座仏教教室」(千駄ヶ谷区民会館)の質疑応答より

障害を乗り越えて「慈悲」を育てる/ペットロスで悩む人へ

2007年5月10日 「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」瞑想指導の前の質疑応答より

スマナサーラ長老の2551年ウェーサーカ祝福法話(Google Video)

2007年5月12日、ゴータミー精舎ウェーサーカ祭におけるスマナサーラ長老の祝福法話をGoogle Videoにて公開

経典解説:「何が我々を束縛するのか?」チッタ居士の名回答

相応部経典:六処篇:チッタ相応:「束縛(繋縛)」(S41 1)を読む。優れた在家仏教徒であったチッタ居士が、僧侶のあいだで起こった論争を見事に解決した物語。(2007年4月20日パーリ経典解説より)

インチキだらけの世界で「人物」を見極める4つのポイント

2007年4月26日(木)上座仏教教室での質疑応答より(千駄ヶ谷区民会館にて収録)

無意識は「ない」~俗世間の心理学とブッダの心理学~

2007年4月12日(木)上座仏教教室での質疑応答より(千駄ヶ谷区民会館にて収録)

4月8日名古屋での「慈悲の瞑想」(GoogleVideo)

2007年4月8日名古屋「日本ガイシフォーラム」瞑想会でのスマナサーラ長老による「慈悲の瞑想」指導の様子。 名古屋「初期仏教デー」法話(3)とほぼ同内容(冒頭の法話がちょこっと欠落)

名古屋「初期仏教デー」法話(3)

名古屋「初期仏教デー」法話(2)

名古屋「初期仏教デー」法話(1)

2007年4月8日名古屋「初期仏教デー」でのスマナサーラ長老のご法話「“はなまつり”にちなんで」

Buddha's birthday (youtube)

2007年4月8日名古屋「初期仏教デー」でのスマナサーラ長老のご法話「“はなまつり”にちなんで」

身体のことしか考えない(ダンマパダ[法句経]152偈)

2005年6月9日 ゴータミー精舎にて収録

Self-observation when getting sick(youtube)

病気に罹ったらしっかり休むこと。優柔不断は暗い思考。病気中の自己観察はこうする。2007年3月22日上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)

無我という真理/実況中継と言語の関係

2007年3月22日 千駄ヶ谷区民会館にて収録

Asura's myth(youtube)

阿修羅神話について。2007年3月22日上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)

Vipassana in daily life(youtube)

日常生活でのヴィパッサナー実践について、有意義なポイントを凝縮。2007年3月22日上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)

感覚は“苦”なり/日常生活のヴィパッサナー

日々の生活にヴィパッサナー実践を取り入れてみる(2007年3月22日 千駄ヶ谷区民会館にて収録)

喜びは「慈しみの刺激」から

2007年3月11日立川ルミネでのQ&Aを編集

[Dhammacast]空しい生き方と有意義な生き方(後編)

[Dhammacast]空しい生き方と有意義な生き方(前編)

充実感を満たして過ごすためのブッダのアドバイス(2006年12月17日午前/グランキューブ大阪にて)

希望が叶うのは良いことか?/川の流れのように生きる

「……自分という川が、自分にも他人にも迷惑をかけることなく流れることが幸福なんです」(2007年1月28日、ゴータミー精舎特別法話会より)

愚痴っぽい人との付き合い方

人間関係の難問を10分で解決!(2007年1月28日、ゴータミー精舎特別法話会より)

有意義な「成功」のために不可欠なこと

月例講演『菩薩の「下積み」大作戦~「経験」を生かすブッダの智慧~』(2007年1月27日かやの木会館)よりハイライト

「本来の自己」という錯覚

2007年1月11日、ゴータミー精舎特別法話会より

“ブッダの教え”のファンになろう(新年祝福法要法話)

2007年1月8日ゴータミー精舎新年祝福法要での法話。『テーラ・ガーター(長老偈)』に収録されたダンミカ長老の詩にちなんで

慢(マーナ)と無知と「ワタシ」の関係

アルボムッレ・スマナサーラ長老の年末特別法話会より。自分の家族に仏教を伝えるためには?慢(maana)と無知と「ワタシ」の関係(2006年12月24日、ゴータミー精舎特別法話会より)

アチェーラ・スッタ(裸経)解説

裸形の修行者アチェーラ・カッサパと釈尊の対話を記録した『アチェーラ・スッタ(SN12_17 Acela-sutta)』に挑んだ経典講義。(2006年12月8日、千駄ヶ谷区民会館「上座仏教教室」にて)

批判に弱い性格

他人からの批判に弱い性格はどうすれば克服できるか?(2006年12月7日、千駄ヶ谷区民会館「上座仏教教室」での質疑応答より)

死の恐怖と輪廻の恐怖・他

ロシア民話やジャータカ物語を取り上げながら、人間が抱く「死の恐怖」と仏道修行で出会う「輪廻の恐怖」の違いについて解説。生老病死の苦を説く仏教で、「生まれることは苦しみ」と言っているのは、どういう意味なのか?(2006年11月24日、ゴータミー精舎「上座仏教教室」での質疑応答より)

人生の本業と副業

仕事で悩んでいる人、必聴です。(2006年11月24日、ゴータミー精舎での質疑応答より)

真実の力

ジャータカ物語に描かれた菩薩の波羅蜜行に学ぶ道徳論。不殺生よりも不飲酒よりも、ブッダが道徳の基本として「ウソをつかないこと・真実を語ること」の大切さをとことん強調した理由とは? 学校での「いじめ問題」にもズバリと言及。(2006年11月01日、熱海仏法学舎での法話)

功徳と善行為と布施の関係

「功徳行為」と「善行為」はどう違うのか?「布施」にはどんな意味があるのか? 意外に理解されていない仏教の行為論を明快に解説。(2006年07月06日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)の質疑応答)

慈悲の瞑想(ロングバージョン)

スマナサーラ長老による『慈悲の瞑想(metta bhaavanaa)』を配信。合宿瞑想会などで修されているロングバージョン

瞑想中に見える現象(幻想)について/認識は勝手に作られる

2005年10月06日、上座仏教教室(谷中法蔵館)での質疑応答より

好ましくない環境が人を育てる/人の性格は刻一刻変わる

2005年10月06日、上座仏教教室(谷中法蔵館)での質疑応答より

幸福観を大転換する瞑想

2005年9月23日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)での質疑応答より

読経やお寺参りは必要ないの?

2005年9月23日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)での質疑応答より

第2回初期仏教講演会Q&Aより

2006年9月23日に開催された第2回初期仏教講演会 講師:A.スマナサーラ長老『あきらめるのはまだ早い~「大失敗」を「大逆転」しよう~』(オリンピック記念青少年センター大ホール)は大盛況のうちに終了した。今回のDhammacast では、講演会第2部、質疑応答のハイライト

ブッダはパーリ語で説法したのか?

2005年9月23日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)での質疑応答より

スリランカの仏教は完全ですか?

2005年9月23日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)での質疑応答より

“やりたいこと”か?“やるべきこと”か?

「……何かをするとき、自分がそれをやりたいか、やりたくないか、ということを判断基準にしないことです。それでは善い人間にはなれません。一方、やるべきこと、というのは“必要なもの”なのです。(善い人間になるためには、)“必要なものならやる”というふうにしないといけません。では、何かを“やりたくない”という状態はどういうことなのでしょうか?これには個人差があります。私にだってありますよ、やりたくない、ということが……」(2005年9月23日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)での質疑応答より)

一期一会。~時空の流れは繰り返さない~

「……俗世間における『正しい』は普遍的ではありません。ケースバイケースで時空関係に支配されています。『子供は叱るべきか』という質問に、普遍的な答えは成り立たないのです。時空関係で起こる“イベント(出来事)”は二度とリピートしません。そのイベントに適した態度を取ったら成功しますが、その『正しい』はそれでチャラ。同じイベントは二度と出てこないんです。ある時間、ある場所にいることは二度と出来ない。そこでピッタシあわせて生きてみる。それこそがすっごく楽な生き方なのです。……」(2005年7月7日、上座仏教教室(代々木八幡区民会館)での質疑応答より)

経典の学び方

2005年6月23日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

人のつながりは煩悩つながり

「人間には同じ煩悩のセットがありますが、人によってログインしている煩悩が違います。約1500ある煩悩の一部にしかアクセスしないのです。だから、人によって、一生出てこない煩悩もあります。人がグループを作るのは、同じ気持ちのグループを作って、お互いに煩悩を刺激しあうためなのです。グループの中の誰かがその煩悩に合わなくなると、ケンカになって追い出すのです。」2005年6月23日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

[慈悲の瞑想で生まれ変わる

「慈悲の瞑想を続けていくと、自分が生まれ変わったように変わります。慈悲の瞑想には想像を絶するエネルギーがあります。これは自分で試して確かめてみるしか方法がないのです。慈悲は生命の平等を前提としている。つまり、慈悲の教えはブッダしか教えていないのです…」(祝福の読経付き)2005年6月9日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

マーラ(悪魔)が神様ってどーゆーこと?

2005年6月9日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

“言葉の力”と実況中継

ヴィパッサナー瞑想で、身体の動きを実況中継するときに使う言葉には、どんな力があるのか?言葉とサティの関係はどういうものなのか?言葉とこころの微妙な関係を解明する。2005年6月9日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

固定概念の壊し方

2005年4月6日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

恥とプライド 傷つきやすい若者の心

2006年3月16日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

智慧とは何か?

「智慧とは何か?と考えないで下さい。“何か”だったら消えますから、智慧ではないのです。それでは不安でしょうから、ひとつ譬え話をしましょう。……」2006年3月16日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

“悟りたい”人が悟れない理由

「仏教では、『真我(アートマン)』を発見しようと努力する代わりに、『執着を捨てる』ことを教えます。仏教の瞑想法は「捨てる訓練」なのです。仏教徒であることさえ、真理の発見にはハンディになることがあるのです。……」“執着”というキーワードから明かされる、ブッダ瞑想論の深層。2006年3月16日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

「死の瞑想(死随念)」について

2006年3月16日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より。

認知症の人々を理解するために

認知症の人々を理解し、気楽に付き合うために必要なこととは何でしょうか? 仏教の視点から考察する。2006年6月8日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

瞑想とバーワナー

「瞑想について固定概念をもっていると、『え?これって瞑想なの?』と拍子抜けしてしまう。それが仏教の瞑想(バーワナー)の特徴なのです」2006年6月8日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

夢をポイ捨てできれば…

2006年6月8日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

猫と禅定

2006年6月8日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

仏教は何を教えてくれるのか?

「仏教はどんな質問でも歓迎します。それが真剣な問いならば…。なぜ仏教の経典は膨大なのでしょうか?仏教はあらゆる角度から人間(生命)が不幸になる原因を明確に語って、不幸の原因を失くす方法を説いているからです。」2006年5月25日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)でのまとめの法話

考えないための「慈悲の瞑想」

質問「慈悲の瞑想にある『○○の願い事がかなえられますように』という言葉はどのように理解すればいいのでしょうか?」2006年5月25日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)での質疑応答より

瞬間瞬間の成功こそ“サティある人生”

2006年5月25日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)での質疑応答より。

いちばん大きな問題とは?/親子の問題を考える

ずばり質問。「この世の中で一番の問題って何ですか?」2006年5月25日、上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館)での質疑応答より

生きものをいじめるなかれ/悪の思考を断ち切る

2006年5月25日千駄ヶ谷区民会館ヴィパッサナー瞑想と法話の会での質疑応答より

佛紀2550年 ウェーサーカ法話(Dhammatalk in Wesak Celebration)

This file is a Dhammatalk of about 50 minutes  in the zen toin temple in Hachioji(Tokyo) by the Wasak(Vesak) Celebration. The latter half is spoken in English.2006年5月14日(日)に八王子市禅東院で開催された佛紀2550年をお祝いするウェーサーカ祭(Vesak,Wesak)でのA.スマナサーラ長老(Ven.Alubomulle Sri Sumanasara Nayaka Thero)のご法話(日本語と英語)。『大般涅槃経(Mahaparinibbana Sutta, D.ii.73)』にちなんで、1)釈尊はいつでも真理のみを語る 2)釈尊は父母にもできぬほど深く生きとし生けるものことを心配していた 3)釈尊への最高の供養はその教えを実践してこころを清らかにすること・こころを育てること というブッダ理解と仏道実践のために必要な三つのポイントが説かれる。

法話 「リラックス」の意味を知っていますか? 

2004年11月28日ゴータミー精舎で収録

Q&A集 仏教は欲を禁止したのか?戒律の定義

2004年11月28日ゴータミー精舎で収録

Q&A集 「恋愛」だけじゃ狹すぎる!依存から協力の人間関係へ

2006年1月29日ゴータミー精舎で収録

ゴータミー精舎お布施式法要

仏紀2549年(西暦2006年)4月27日、ゴータミー精舎(東京都渋谷区幡ヶ谷)の四方比丘サンガへのお布施法要

Q&A集 執着は生きる原動力?

2006年1月29日ゴータミー精舎で収録)

Q&A集 悪業を作らない「見ただけでストップ」の方法

2006年1月29日ゴータミー精舎で収録

Q&A集 「自我」という幻覚を破る

2006年1月29日ゴータミー精舎で収録)

Q&A集 怒りっぽい性格をどうするか?

2006年1月29日ゴータミー精舎で収録

Q&A集 精神・心・魂は同じもの?違うもの?仏教の定義

2004年11月28日ゴータミー精舎で収録

Q&A集 無常の世界と「心のやすらぎ」

2006年1月29日ゴータミー精舎で収録

感覚は苦である/三帰依の完成者

2006年4月6日上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より

初期仏教講演会 六つの感覚を悟る

アルボムッレ・スマナサーラ長老による春の初期仏教講演会『六つの感覚を悟る ブッダが説く「すべて」とは?』(3月25日(土)13:30-16:30 幡ヶ谷区民会館)の模様をノーカットで配信(2時間39分)

対立を乗り越えるアラナ(安寧)の道

2005年4月16日大阪府岸和田市アラナ(安寧)精舎入佛式でのご法話。仏教伝道とは如何なる方法で行われるべきなのか?誰とも争わずに自他に幸福をもたらす仏弟子の生き方としての「アラナ」を説く

※これ以前の配信リストはこちらをご覧下さい。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [Dhammacast]ただいま聴ける法話リスト2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/314

コメント(1)

ありがとうございます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2008年2月22日 16:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パティパダー2008年3月号発送」です。

次のブログ記事は「聖者論(Dhammacast)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1