ブッダと論理の微妙な関係・他

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「ブッダと論理の微妙な関係・他」(31分31秒)をダウンロード

Dsc_8274 1月19日名古屋初期仏教デーにおける、スマナサーラ長老と参加者の質疑応答を3回に分けて配信します。(その2)

◆『ブッダと龍樹の論理学』(石飛道子)をめぐって……。

「ブッダの教えは真理だから「論理的」です。しかしブッダは「論理学」を否定しました。純粋論理は私たちの実存から離れてゆくのです。龍樹の大失敗はそこにありました。龍樹の世界で「悟り」がなくなったのです。「真理は論理的ですが、論理は真理ではありません」ということを覚えておいてください。ブッダの教えはたまたま厳密に論理的になってしまったのです。仰ったことが永遠不滅の事実だからです。どんな時代にも古くならない、本当の事実なのです。他の宗教の教えと比べてください。他宗教では、はじめから終わりまで教えが崩れています。しっかり物事を知り尽くして語ると、論理的になるのです。ですから仏教は論理的です。しかし論理は仏教ではありません。

でも、皆さんもやっぱり理性を育てないといけない。例えば信仰、感情、好み、怯えなどが割り込むと、物事の判断ができなくなるのです。我々の判断能力をにぶらせる信仰、感情、好み、怯えなどに捉われてはならないのです。我々は理性をもって自分の人生を判断できるように、理性を育てるのです。ヴィパッサナー冥想をすると理性がどんどん育ってきます。理性の目でみると、摩訶不思議に論理的になります。しかし論理を前に出さないこと。論理は抽象的。実存的ではないのです。数学的に、1を3で割るようなもので、もう終わりがなくなるのです。それは抽象的で。でも実際には、割れます。

ブッダと龍樹の論理学―縁起と中道
石飛 道子
サンガ (2007/09)
売り上げランキング: 14751

◆なぜ「魂」という「錯覚」が起こるのか?

五蘊無我の教えは、他に「魂」を想定したものではありません。永遠不滅の魂、という錯覚は、我々の認識のからくりによって生み出されるのです。云々。

(法話メモ:佐藤哲朗)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブッダと論理の微妙な関係・他

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/310

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2008年1月30日 02:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヴィパッサナー瞑想で進歩するということ」です。

次のブログ記事は「「欲」と「意欲」とはどう違う?・他」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1