質疑応答1(前編)『目覚めへの招待 Q&A』

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「質疑応答1(前編)『目覚めへの招待 Q&A』」(38分59秒)をダウンロード

Dsc_2744

9月15日に代々木オリンピック記念青少年総合センターで開催された2007年度 初期仏教(テーラワーダ)一日体験会(講演と冥想会)当日のスマナサーラ長老講演『目覚めへの招待』の後、1時間半にわたって交わされた会場との質疑応答の模様を2回に分けて公開いたします。1(前半)の質疑の内容は……

Q:人は「教える」「教わる」関係で怒りが出てきてしまう。どう考えればいいでしょうか?(教えるという特別な技術について)

Q:先端科学のニュートリノ論を聞くと、これって仏教かなぁと思ったのですが?(仏教と科学の違いについて)

Q:私は神様を信じているカトリック信者。でも仏教を学んで実践することはできますか?(スマナサーラ長老とキリスト教徒、イスラム教徒との対話をめぐって)

Q:「今に生きる」ってどういうことでしょうか?(実践のイントロダクション)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 質疑応答1(前編)『目覚めへの招待 Q&A』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/281

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2007年9月26日 22:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「講演2(後編)『目覚めへの招待 あなたはまだ眠っている』」です。

次のブログ記事は「質疑応答2(後編)『目覚めへの招待 Q&A』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1