雨安居入りの法要

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月29日、ゴータミー精舎で、八王子正山寺&ゴータミー精舎の檀家さん合同による雨安居入り法要が執り行われました。

Uango070729_3
午前中、お坊様方への食事のお布施式。スダンマ師とナーギタ師は鉢で食されました。食後、スダンマ師がシンハラ語、ワンギーサ師が日本語で雨安居(vassa)の意味について法話されました。こちらのパンフレット(PDF)で復習しましょう。

Uango070729_1
午後、正山寺で雨安居に入られるスダンマ師、ワンギーサ師、ゴータミー精舎で雨安居に入られるヤサ師、ナーギタ師に、それぞれの檀家代表が「どうぞこの精舎で雨安居にお入り下さい」とお願いする儀式が行われました。

Uango070729_6
釈尊が成道ののち、はじめて法を説かれた「初転法輪」の日と伝えられるエサラ・ポーヤ・デーに当たります。その故事にちなんで、スダンマ師を導師に『初転法輪経(dhammacakkapavattanasutta)』の読誦がされました。写真はお釈迦さまと参列者を結ぶ祝福の聖糸を準備するヤサ師。

Uango070729_5
本堂にあつまった全員が合掌して聖糸をいただき、釈尊の初転法輪の教えを受けました。

Uango070729_2
法要のあとで、聖糸の祝福をするお坊様方。手前はスダンマ師。

Uango070729_4
子供は苦手ながらも、終日つきあってくれた寺猫ナミ。人見知りのイナリは本堂お釈迦さまの裏に隠れてお経を聴いていました。

というわけで、ゴータミー精舎もこれから11月まで雨安居期間に入ります。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 雨安居入りの法要

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/273

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2007年8月 1日 00:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テーラワンサ長老を囲んで」です。

次のブログ記事は「こころ問答」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1