[Dhammacast]生命の「進化」はこころで決まる/言語とコミュニケーション

| | コメント(1)

「生命の『進化』はこころで決まる/言語とコミュニケーション」(25分13秒)をダウンロード

A. Sumanasara thero. Photo by Harumi Aidaスマナサーラ長老のご法話をポッドキャストで配信。6月22日(木)上座仏教教室での質疑応答より(ゴータミー精舎にて収録)。

生命の「進化」はこころで決まる

「……人間はいま進化していると思っています。しかし仏教から観れば、退化しているのです。進化・退化という言葉は仏教では『こころ』で考えるんです。こころに汚れが溜まれば溜まるほど、退化するのだと。……(輪廻や餓鬼・天界など)現代人の知識レベルで仏教の生命論に触れると、いろいろ引っかかるところが出てきますが、『こころの次元で生命の次元を考える』という基本を押さえておけばよく理解できると思います。」

言語とコミュニケーション

「……仏教のジャータカ物語では動物と対話したりする場面が出てきます。違和感を持つかもしれませんが、言語というのは生命に本来あるものではありません。人間がわざわざ作った道具であって、他の生命には関係がないのです。人間同士でも喋れない。各グループが自分勝手に音の道具を作ったのですから。コミュニケーションとは、こちらで感じたことを相手に共鳴させることです。しかし言語では、他の種族に共鳴させられない。しかし、言語を抜きにすれば、ちゃんとコミュニケーションが成り立つのです。動物にも私が観察すると、ちゃんと理屈があって論理があって、たくらみがあってしっかり生きているんです。動物には、それを言語化するセクションが脳にないだけです。……」

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

コメント(1)

This wibe site must be english is good.and allso i want to be member of your organigtion.

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2007年6月22日 12:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウ・コーサッラ西澤師の帰国報告会」です。

次のブログ記事は「[Dhammacast]ブッダ唯一の願いのために」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1