2007年6月アーカイブ

「ブッダ唯一の願いのために」(23分11秒)をダウンロード

Dsc_0040

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。6月24日 (宗)日本テーラワーダ仏教協会総会における祝福のご挨拶。

「仏教について話そうとする場合は、五戒を守って冥想して、お釈迦さまの教えを学べば終了します。しかし、我々は現代社会に生きているから、残念ながらいろいろ組織が必要になるのです。宗教法人という組織もそうです。それは私のせいではなくて日本の法律のせいですが。

私は一応、スリランカお寺の住職ですが、鍵も持ったことないんです。だいたい普通、仏舎利の鍵くらいは持っていますが、それももったことない。管理というのはめんどくさいんです。

仏教は出家説法したり冥想教えたり。他のセクションは在家が管理する。二人三脚で続いてきました。決して「出家主義」ではないんです。みんな自分で責任感を持っています。能力のある人は、その能力をブッダのために貢献するんです。みんな、自分の持っている能力をブッダのためにお布施して、それで仏教が成り立っていく。お坊様方とみなさんは一心同体で日本に仏教伝えているんです。

皆さまは、偉大なるお釈迦さまに協力しているんです。ブッダは苦しんでいる人々を何とか助けてあげようとしたのです。その、お釈迦さまの唯一の願いを皆様は叶えてあげているんです。それは、そうとう立派なことですよ。……」

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「生命の『進化』はこころで決まる/言語とコミュニケーション」(25分13秒)をダウンロード

A. Sumanasara thero. Photo by Harumi Aidaスマナサーラ長老のご法話をポッドキャストで配信。6月22日(木)上座仏教教室での質疑応答より(ゴータミー精舎にて収録)。

生命の「進化」はこころで決まる

「……人間はいま進化していると思っています。しかし仏教から観れば、退化しているのです。進化・退化という言葉は仏教では『こころ』で考えるんです。こころに汚れが溜まれば溜まるほど、退化するのだと。……(輪廻や餓鬼・天界など)現代人の知識レベルで仏教の生命論に触れると、いろいろ引っかかるところが出てきますが、『こころの次元で生命の次元を考える』という基本を押さえておけばよく理解できると思います。」

言語とコミュニケーション

「……仏教のジャータカ物語では動物と対話したりする場面が出てきます。違和感を持つかもしれませんが、言語というのは生命に本来あるものではありません。人間がわざわざ作った道具であって、他の生命には関係がないのです。人間同士でも喋れない。各グループが自分勝手に音の道具を作ったのですから。コミュニケーションとは、こちらで感じたことを相手に共鳴させることです。しかし言語では、他の種族に共鳴させられない。しかし、言語を抜きにすれば、ちゃんとコミュニケーションが成り立つのです。動物にも私が観察すると、ちゃんと理屈があって論理があって、たくらみがあってしっかり生きているんです。動物には、それを言語化するセクションが脳にないだけです。……」

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

6月10日(日)13:30より、ウ・コーサッラ西澤師の帰国報告会が開催されました。

Kosalla_3
ウ・コーサッラ西澤師。会場のゴータミー精舎本堂は60名ほどの参加者でいっぱいに。

Kosalla_2
ミャンマーの仏教事情から、個人的な冥想の相談まで、約4時間の報告会の間、質問が途切れることなく寄せられました。

Kosalla_1
参加者全員で20分の冥想をしているところ。寺猫なみも参加。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「ブッダの「無価値」論/ブッダの道徳・世間の道徳」(48分27秒)をダウンロード

A. Sumanasara thero. Photo by Harumi Aida

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。2007年6月9日 「ヴィパッサナー冥想と法話の会」(ゴータミー精舎)での質疑応答より。以下、講義のメモと併せてお聴きください。

●ブッダの無価値論

Q:何冊か長老の本を読みました。その中で「心を壊してしまう」という一節を読んで怖くなった。心を壊してしまってホントに大丈夫なの?

A:その文章の脈絡が解らないと言いにくい。しかし仏教は幸福の道を語るから、仏教の言葉に怖くなる必要はないんです。仏教は幸福になるために、不幸の原因を壊すんです。不幸の原因に「価値」を入れるとそれが残ってしまう。なぜ幸福になれないか? ずっと原始時代から人類頑張っている。いろんな開発しながら、発展しながら現代まで。目的は一つ、「幸福になりたい」と。宇宙にまで行くけど一向に幸福にならない。あらゆる技術あっても地球上の人に食べ物がない。いまだに人殺しもやめられない。原始時代からいままで人殺しをやってきた。ぜんぜん幸福になってない。

6月3日(日)、ミャンマーのマハーシ瞑想道場より来日されたウ・テーラワンサ長老による法話と瞑想の会が開催されました。

Img_2748
法話をされるウ・テーラワンサ長老。五つの希有な出来事について。

Img_2761
歩く瞑想の説明をされているところ。午後6時ごろまで熱心に個人インタビューに応じてくださいました。次回のテーラワンサ長老のご指導は、6月17日(日)13:30よりゴータミー精舎にて。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Kosalla_long

 このたび、ミャンマーのマハーシ瞑想センターにて出家修行されていたウ・コーサッラ西澤師が、2007年6月1日、6年ぶりに一時帰国されました。
 ウ・コーサッラ師は、日本テーラワーダ仏教協会の草創期にスマナサーラ長老の下で修行と様々な活動でご尽力された、当協会最初の出家比丘でもあります。現在はミャンマーのマハーシ瞑想センターで、日本人比丘のために通訳をされたり、ミャンマー語の仏典の翻訳をされたりと、日々忙しく活躍中です。今回はアメリカ合衆国シアトルに渡航されるまでの一ヶ月弱の滞在ですが、皆様にミャンマーでの近況や学ばれた事などを親しくお話していただけることになりました。

ウ・コーサッラ西澤師 帰国報告会

●日時 6月10日(日)13:30~17:30
●場所 ゴータミー精舎2階本堂
●内容 礼拝 瞑想 法話と帰国報告
●回避 ご喜捨(お気持ち)

■お坊様方へ食事のお布施をしてみませんか?

ウ・コーサッラ長老は6月いっぱいゴータミー精舎に滞在されます。朝・昼のお食事のお布施も受けてくださるとのこと。この機会にぜひ「食事のお布施」にトライしてみては?お坊様への食事のお布施の概要は以下の記事をご参照ください。

ゴータミー精舎で、食事のお布施をしてみませんか?

Kosalla_syoumeiウ・コーサッラ西澤師

1996年ミャンマーのマハーシ瞑想センターにて比丘出家。
2001年~2004年 ヤンゴンにある国際テーラワーダ仏教宣教大学(I.T.B.M.U)にて仏教の基礎を学び学士号(B.A)を取得された語、いくつもの瞑想センターで修行。
マハーシ瞑想センターにおいてはマハーシ大長老の直弟子にあたる第一世代の高僧の方々の法話や瞑想のインタビューの通訳をつとめるかたわら、法話集の翻訳にも携わる。ミャンマー語を独学で習得。これまでに『ウ・ジャティラ長老法話集』『ヴィパッサナーQ&A マハーシサヤドーと現代のヴィパッサナー瞑想法』などを出版される。このたび、アメリカのシアトルにある瞑想センターに招聘される折、6年ぶりに帰国された。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「『心の病』と瞑想/『介護』を修行に」(26分23秒)をダウンロード

Dsc_0054 アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。5月24日 「上座仏教教室」(千駄ヶ谷区民会館)の質疑応答より。

1)「心の病」と瞑想……質問:精神病を抱えている人は「瞑想」できないのでしょうか? 答え:心はホンの一秒以内で変化します。「心の病」は本当ならば身体の病よりもいとも簡単に治るはずなのです。しかし、……

2)「介護」を修行に……自分と主人の両親、三人の介護をしている。そのうち二人は認知症を発症。忙しい日常でほんのちょっと瞑想することもままならない。どうすれば? 答え:まず、あなたは三人もひとりで介護するなんていう、普通の人間にはとうてい無理なことをしているんだと、理解してください。だから、うまく行かないことがあっても、気にしないことです。瞑想する時間もない、ということで悩んでもいけません。……

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2007年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年5月です。

次のアーカイブは2007年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1