[Dhammacast]「仏教的」経営コンサルティング

| | コメント(0)

「『仏教的』経営コンサルティング」(19分44秒)をダウンロード

Dsc_0040アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。5月24日 「上座仏教教室」の質疑応答より。

日本の企業には不自然、アンバランスというものがよく見られるのです。我々は自然法則を壊しているのですが、自然法則を壊したら確実に負け。わたしたちが「自然」そのものだからね。

自然の流れは、限りない人間の妄想どおりにはなりません。企業活動も、法則(ダンマ)にのっとって行わなければならないのです。どんなに欲張って利益を追求しても、自然法則には逆らえません。自然の法則をそのまま見届ける落ち着き、冷静さ、が不可欠です。

自然法則に逆らって生きると、限りない苦しみに襲われます。それで能力も低下してしまうのです。経営者が冷静さを失ったとき、感情的になったとき、企業は危機を迎えます。事実を見ても例外なくそうです。儲けてやるぞ、儲けてやるぞ、と自然に逆らって妄想で欲を出したとたんに、「もうあなたはいりません、この宇宙から」とお払い箱にされるのです。

自然法則には「均衡性」を維持するはたらきがあります。だから何も不可思議なことは起こりません。妄想がそこに割り込むと問題が起こるのです。自然法則を壊して欲を追求しても、自然法則は壊せない。自然法則を壊そうとした人が壊れるのです。無常を理解して、冷静になることが勝利の道なのです。

人間は欲や怒りでかなり無駄遣いするんです。政府をはじめとする恐ろしい無駄遣い、それを指摘されても、わざと問題を複雜にしてさらに無駄使いを増やすカラクリをする。「節約の知恵」の欠如が日本社会を深く蝕んでいます。仏教は無駄遣いを禁止しています。浮いたお金があったら、人助けに使ってください。それで貴方は幸福になりますよと。

常に冷静に、常に明るく、笑顔を絶対に絶やさないこと。儲けるコツは、明るさにあるんです。人はどうせ何かを買うなら、明るい人から買いたいんです。仏教的には、「儲け主義」自体がダメです。我々は社会に対して何かをしてあげる。してあげたら、それなりの見返りは社会も与えてくれる。それが正しい商売です。

仏教徒は、利益の数字ではなくて、「自分が社会に何をしてあげたか」ということに必死になるんです。「自分が何をしてあげればいいのか?」と思った時点で、自分の向上も成り立ちます。

経営者が管理できるのは「(社会のために)してあげる・貢献する」セクションです。「貰う」セクションは管轄外なのです。貢献主義で正しく仕事すれば、「貰う」ものは、法則でついてくるもの。どんな業種であっても、この法則は同じことです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2007年5月26日 03:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[Dhammacast]障害を乗り越えて「慈悲」を育てる/ペットロスで悩む人へ」です。

次のブログ記事は「スリランカフェスティバル2007(代々木公園イベント広場)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1