[Dhammacast]名古屋「初期仏教デー」法話(3)

| | コメント(0)

「スマナサーラ長老“はなまつり”にちなんで(3)慈悲の瞑想」(38分37秒)をダウンロード

Nagoya_castle_golden_shachihoko_statue01

4月8日名古屋「初期仏教デー」でのスマナサーラ長老のご法話をポッドキャストで配信。

その3:『慈悲の瞑想』指導/朝起きて最初の思考を「慈悲」でスタート/夜寝るときも「慈悲」の瞑想を/姿勢を正して瞑想準備/私が幸せでありますように/心の明るさを保つために挑戦/自分ひとりだけ幸せでは狭すぎる/自分の親しい人々も幸せでありますように/自分自身を心広い強い人間にするための実践/具体的には誰のこと?/あまり具体的に思い浮かべると腹が立つ?/生きとし生けるものが幸せでありますように/仏教の希望はスケールが大きい/無量無制限の心をつくる/生命たるものは幸福でありますように/仏教では神へのおねだりはない。神々が幸福であるように我々が願う/本気で誠意をもって念じてください/嫌いな人々・自分を嫌っている人々も幸せでありますように/本物の慈悲は奇跡を起こす/偽善になる弊害をチェックする/正直であることは大切だが「未熟」は克服すべき/瞑想を繰り返すことで心が成長する/偽善が消えて慈悲が完成する/すべての生命の生きる権利を守れば自分も守られる……

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2007年4月14日 00:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[Dhammacast]名古屋「初期仏教デー」法話(2)」です。

次のブログ記事は「4月8日名古屋での「慈悲の瞑想」(GoogleVideo)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1