仏紀2551年ウェーサーカ祭(Vesak,Wesak)記念壁紙

| | コメント(0)

仏紀2551年(西暦2007年)のウェーサーカ祭を記念して、日本テーラワーダ仏教協会オリジナル壁紙を配信します。昨日発送されたパティパダー5月号(Vol.14 No.01)の表紙イラストをもとした作品です。お釈迦様の生涯を貫く「生きとし生けるものへの慈しみ」を表現しています。どうぞご活用ください。

Wesak07_800_600
サイズ1(800×600)

Wesak07_1024_768
サイズ2(1024×768)

絵の解説
白鳥を救った悉達多王子(仏伝より) イラスト:上杉久代
ある日、シッダッタ王子(のちの釈尊)は仲間とともに王苑で遊んでいたところ、矢が刺さって苦しんでいる白鳥をみつけました。従兄弟のデーワダッタに弓で射られたのです。王子が白鳥を抱きかかえ矢を抜いて介抱していると、デーワダッタが駆け寄ってきて「白鳥をよこせ」と迫りました。王子は「鳥が矢で死んでときは射た人のものだが、生きているときは救った人のものだ」と突っぱね、白鳥の帰属は国中の学者を集めた会議に持ち越されました。長い討論の末、若い学者が立ち上がり「すべての生き物はその生命を守る人のもの。それ故に、白鳥はシッダッタ王子に渡されるべきだ」と提案し、すべての学者がその意見に同意しました。王子は白鳥が全快するまで世話をしてやり、仲間と一緒に自由に飛べるよう放してやりました。白鳥さんよかったね。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2007年4月21日 13:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[Dhammacast]無意識は「ない」~俗世間の心理学とブッダの心理学~」です。

次のブログ記事は「[Dhammacast]インチキだらけの世界で「人物」を見極める4つのポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1