2007年3月アーカイブ

「無我という真理/実況中継と言語の関係」(31分03秒)をダウンロード

A. Sumanasara thero. Photo by Harumi Aida

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。先週に引き続き、3月22日 「上座仏教教室」の質疑応答よりお届け。

・無我という真理
ブッダは明確に「無我」を説かれた。我々は原始時代に生まれた「我あり」という妄想概念(もののけ)にいつまでしがみつくのか?

・実況中継と言語の関係
ヴィパッサナー実践の実況中継(ラベリング)に「主語」は禁物。しかし言語によって、その工夫の仕方は変わってくる。

(2007年3月22日 千駄ヶ谷区民会館にて収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

寺猫ナミのお花見情報

| | コメント(0)

ゴータミー精舎前(旧玉川上水緑道)の桜がもう五分~六分咲きになっています。桜の根元に腰を下ろして静かにお花見している方も散見されます。金曜日夜の自主瞑想会あたりには、もう満開近い夜桜が楽しめるんじゃないかしら?(by 寺猫ナミ)

Sakura0
三階僧坊から見える染井吉野。

Sakura1
ジーーッ…………。

Sakura2
二階本堂から観た桜。

Sakura4
…………。飽きたわ。

Sakura5
春の風を受けて、「ギョッ!」

~生きとし生けるものが幸せでありますように~




「感覚は“苦”なり/日常生活のヴィパッサナー」(23分02秒)をダウンロード

A. Sumanasara thero. Photo by Harumi Aida

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。今週と来週は、3月22日 「上座仏教教室」の質疑応答よりお届け。

・感覚は“苦”なり
私たちが感じる「感覚」には色々種類があると思いきや……。

・日常生活のヴィパッサナー
日々の生活にヴィパッサナー実践を取り入れてみる。

(2007年3月22日 千駄ヶ谷区民会館にて収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

本日午後、日本テーラワーダ仏教協会機関誌『パティパダー(paTipadaa)』4月号(Vol.13 No.12(No.146))をゴータミー精舎から全国に向けて発送いたしました。

明日かあさってには皆様のお手元に届くと思います。

午前中から参集いただいたボランティアの方のご協力で、つつがなく発送作業が終了しました。随喜してご報告いたします。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

※募集は終了しました。
スマナサーラ長老の法話カセットテープをデジタル化(MP3化)する作業の助っ人を募集します。

都内近郊に在住の日本テーラワーダ仏教協会会員で、カセットテープからPCに音源を取り込む機材とソフトウェアをお持ちの方(かつ自分で使える方)に限らせていただきます

デジタル化する素材はアビダンマ講義のカセットデータを予定しています。
お問い合わせは協会事務局(03-5738-5526)まで。
※募集は終了しました。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

足利正明師のご逝去

| | コメント(0)

三月十六日午後六時より、八王子市山田の曹洞宗天海山雲龍寺にて同寺三十七世住職足利正明大和尚のお通夜が営まれました。小西会長はじめ日本テーラワーダ仏教協会メンバーも参列しました。

足利正明大和尚は長年にわたり日本スリランカの友好親善と社会福祉事業に尽力されてこられたお坊様として知られます。彼国での支援に留まらず、正山寺国際仏教センターにダンミッサラ大長老をお迎えし、厚く外護してこられたのも足利師です。同寺は在日スリランカ人の精神的拠り所として篤い信仰を集めており、ゴータミー精舎などと並んで日本国内におけるテーラワーダ仏教伝道の拠点として機能しています。

アスギリヤ大精舎僧王猊下より戒壇用地提供の感謝状を受け取る足利正明大和尚(右)

また、昨年4月、スリランカの大寺派両本山の一つ:アスギリヤ大精舎僧王猊下ご一行が来日された際]に、八王子市寺田の土地を日本国内初となるテーラワーダ仏教の戒壇用地として提供されたこと(八王子寺田戒壇)は協会会員の方の記憶に新しいことと存じます。まさに日本におけるテーラワーダ仏教の大功徳主、テーラワーダ仏教徒にとっての大恩人というべき御方です。

広大な雲龍寺境内は、別れを惜しむ数百名の参列者で埋め尽くされていました。
故人の高徳を偲びご冥福を祈念いたします。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「喜びは『慈しみの刺激』から」(20分54秒)をダウンロード

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。

  • Sumanasara不殺生の問題は観念的に捉えてはならない
  • 農業は「殺生」ではなく生命の「助け合い」
  • 不殺生という戒律の狙いは何か?
  • 生命の尊厳を平等に観る人は罪を犯さない
  • 慈しみを育てて、感動と感謝を持って生きる
  • みんな「仲間」と思えばユーモアが沸いてくる
  • 人間のいい加減さを「カワイイ」と思う
  • 怒りがなかったら残るのは笑顔
  • 「他人の過ち」だけを厳しく非難する世の中
  • 慈しみが欠けているから、苦しんでいる
  • 心配しあう関係の美しさ
  • 喜びは「慈しみの刺激」から

(2007年3月11日立川ルミネでのQ&Aを編集)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「空しい生き方と有意義な生き方(後編)」(65分35秒)をダウンロード

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。
昨年末に開催された関西瞑想会の講演2回目です。

Dsc_8278

無意味な生き方と有意義な生き方(後編)
~充実感を満たして過ごすためのブッダのアドバイス~

(2006年12月17日午前/グランキューブ大阪にて)

前編はこちらで聴けます。スライド資料と音声の一部はβ関西活動報告にも掲載されています。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「空しい生き方と有意義な生き方」前編(59分22秒)をダウンロード

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。
今週と来週の二回に分けて、昨年末の関西瞑想会での講演を配信します。

a.sumanasara

無意味な生き方と有意義な生き方(前編)
~充実感を満たして過ごすためのブッダのアドバイス~

(2006年12月17日午前/グランキューブ大阪にて)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1