[Dhammacast]「死の瞑想(死随念)」について

| | コメント(1) | トラックバック(0)

「死の瞑想(死随念)」について(12分15秒)をダウンロード

アルボムッレ・スマナサーラ長老の法話ポッドキャスティングです。
『無常の見方』でも解説されている、死随念について。
「仏教に神秘的な瞑想はありません。神秘体験なんか、風邪薬を飲んでも現れるような現象です。テーラワーダの世界ではどこまでも論理的にアプローチします。因果法則で説明できないものはあるのか?と検証するのです。」
3月16日、上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [Dhammacast]「死の瞑想(死随念)」について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/240

コメント(1)

よくわからないんですけど、日本人の場合、死ぬことは大前提なんですけど、一方で、もし生き残っちゃたらどうしよう、ということがあるわけです。私子供が居ないんですけど、もし子供が居たら、と考えると、ぞっとします。そういうところから、泥のような仕事につき、泥沼のような社会が実現されるわけです。それについてメールで、是非どうぞ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2006年7月15日 00:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「戒壇での布薩儀式」です。

次のブログ記事は「[Dhammacast]“悟りたい”人が悟れない理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1