マハムニ母子寮の歩み バングラデシュの仏教徒と共に(福井宗芳師の講演会)報告

| | コメント(0) | トラックバック(0)

060603hukui_1
6月3日(土)ゴータミー精舎にて、バングラデシュのマハムニ母子寮(寄宿舎)を運営されているテーラワーダ僧侶、福井宗芳(ロッカプリヨー)師の講演会を開催しました。福井師は日本ではあまり知られていないイスラム国バングラデシュにおけるテーラワーダ仏教徒たちの現状、マハムニ母子寮の子供たちの生活、ご自身の出家に到る経緯や仏教観などについて、単刀直入にそして気さくにお話してくださいました。和やかな雰囲気の中で約2時間の会はあっという間に終了。寺猫ナミももちろん参加。お坊さんのひざで昼寝できて、今日いちばん喜んでいたのは彼女かも??

参考サイト:バングラデシュの孤児と共に生きる

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マハムニ母子寮の歩み バングラデシュの仏教徒と共に(福井宗芳師の講演会)報告

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/228

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2006年6月 5日 19:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MP3プレーヤーの表示を中止」です。

次のブログ記事は「[Dhammacast]いちばん大きな問題とは?/親子の問題を考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1