[Dhammacast]感覚は苦である/三帰依の完成者

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「感覚は苦である/三帰依の完成者」をダウンロード

Gotami_buddha20060331

今週のダンマキャストは 2006年4月6日上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より。講師:A.スマナサーラ長老。約28分。

1)仏教では一般的に感覚(受)は「苦・楽・不苦不楽」に分類されるが、スマナサーラ長老は瞑想指導の中で「感覚は苦である」と指摘する。その真意とは…? 

2)三帰依を完成した人は預流者(最初の聖者)と呼ばれる。しかし、ただ三帰依の言葉を呪文のように唱えても何の意味もない。預流果に達した人が本物の仏教徒(究極的な哲学者)と呼ばれる理由を解説する。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [Dhammacast]感覚は苦である/三帰依の完成者

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/195

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2006年4月 9日 01:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「四月八日 「花まつり」供養の御報告」です。

次のブログ記事は「私はない。あるのは因果法則。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1