2006年4月アーカイブ

佛紀2549年(2006年)4月29日、アスギリヤ大精舎法王猊下ご一行をお迎えして、八王子市の日本仏教寺院の地所二ヶ所で、テーラワーダ仏教の『戒壇』認定式が開催されました。スリランカ、ミャンマー、日本、フランスと、四ヶ国にもまたがるテーラワーダ僧侶20名が八王子に結集し、戒壇を認定する厳かな法要が営まれました。

Terada_2

「ゴータミー精舎お布施式法要」(1時間4分)をダウンロード

仏紀2549年(西暦2006年)4月27日、日本テーラワーダ仏教協会事務局のあるゴータミー精舎(東京都渋谷区幡ヶ谷)が四方比丘サンガにお布施されました(19日にも法要があったけど、27日が正式な精舎お布施となりました)。当日の法要の模様をDhammacastでお届けします。

以下、写真とテキストの御報告もご覧下さい。

Q&A集 執着は生きる原動力?(28分19秒) をダウンロード

「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」での質疑応答より 講師:A.スマナサーラ長老
(2006年1月29日 日本テーラワーダ仏教協会 ゴータミー精舎で収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Q&A集 悪業を作らない「見ただけでストップ」の方法(4分09秒) をダウンロード

「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」での質疑応答より 講師:A.スマナサーラ長老
(2006年1月29日 日本テーラワーダ仏教協会 ゴータミー精舎で収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

戒壇は本来、結界、境界という意味を持ち、新たな比丘を認定するための戒律の授受、出家比丘が定期的に戒律をあらためる布薩法事など、戒律に関する儀式を行うための場所です。

関西戒壇が認定されたのに続いて、東京都八王子市内の二箇所にある戒壇予定地も整備が完了して、認定法要を待つばかりとなっています。

060423arana_1
去る4月19日、東京都渋谷区のゴータミー精舎を四方サンガ(全世界の比丘サンガ)にお布施する儀式が、アスギリヤ大精舎法王猊下ご一行をお迎えして執り行われました。同22日には、兵庫県三田市で関西戒壇の認定式、23日には大阪府岸和田市のアラナ精舎の四方サンガへのお布施式がありました。写真はアラナ精舎お布施式の様子です。

Q&A集 「自我」という幻覚を破る(8分08秒) をダウンロード

「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」での質疑応答より 講師:A.スマナサーラ長老
(2006年1月29日 日本テーラワーダ仏教協会 ゴータミー精舎で収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

20060420_1_2
四月二〇日、アスギリヤ大精舎法王猊下ご一行が福井県の曹洞宗大本山永平寺を表敬訪問されました。永平寺では全山挙げて歓迎をしてくださいました。南北仏教の絆を深めた記念すべき一日の様子を写真でご紹介いたします。(撮影:佐藤哲朗)
(記念撮影:永平寺光明蔵にて。法王猊下ご一行、永平寺重役方、日本大サンガ、スリランカ大使御夫妻、日本テーラワーダ仏教協会随行)

20060418_1
去る四月十八日、アスギリヤ大精舎法王猊下ご一行が横浜市内の孝道山本仏殿を表敬訪問されました。孝道山はスリランカ仏教との絆が深く、仏教精神の基本である「マイトリー(慈しみ)」のこころと、その実践をひろく世界におよぼすことを目標に「マイトリー運動」を推進している天台系の在家教団です。以下当日の様子を写真でご紹介します。(撮影:相田晴美)
(記念撮影:法王猊下ご一行、孝道山本仏殿両統理 岡野正貫先生・岡野鄰子先生、日本大サンガ、日本テーラワーダ仏教協会随行)

Q&A集 怒りっぽい性格をどうするか?(4分07秒) をダウンロード

「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」での質疑応答より 講師:A.スマナサーラ長老
(2006年1月29日 日本テーラワーダ仏教協会 ゴータミー精舎で収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

20060417_1 本日午後、スリランカ仏教大寺派(シャム派)総本山アスギリヤ大精舎のウドゥガマ・スリ・ダンマダッシー・ラタナパーラ・ブッダラッキタ法王(大僧正)猊下(Most Venerable, Udugama Sri Dhammadhassi Ratarapala Buddharakkhita Mahanayaka Thero)が日本テーラワーダ仏教協会の招聘で来日されました。成田空港で撮影された速報写真を掲載いたします。(撮影:相田晴美)

Q&A集 精神・心・魂は同じもの?違うもの?仏教の定義(11分23秒) をダウンロード

「ヴィパッサナー瞑想と法話の会」での質疑応答より 講師:A.スマナサーラ長老
(2004年11月28日 日本テーラワーダ仏教協会 ゴータミー精舎で収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Q&A集 無常の世界と「心のやすらぎ」(3分57秒)をダウンロード

今週から実験的に、A.スマナサーラ長老が瞑想会などで参加者の質問に答えた記録を配信します。ひとつひとつは短いけれど、自分の中で消化していけば確実に心の成長に役立つと思います。

最初の質問は無常の世界で「心のやすらぎ」を求めることについて。
(2006年1月29日 日本テーラワーダ仏教協会 ゴータミー精舎で収録)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Dhammacastの更新がPodfeedに反映されない障害が解消されたようです。原因は分かりません。podfeedのアイコンの色を変えて再生成した後、iTunesで確認したところ、新ファイルの更新が開始されました。@niftyからの回答はまだありませんが、取り急ぎ御報告いたします。

追伸:先ほど@niftyからメールがありました。

 ポットキャスティングに関する不具合をお知らせいただきましたが、現在、多くのお客様から同様のお問い合わせをいただいております。

 そのため、担当部署で改善に向けて努力しておりますが、今のところご満足いただける状況に至っておりません。

 佐藤様には、ご便をおかけいたしておりますところ、誠に恐縮ではございますが、この点、何卒ご容赦賜りますようお願い申し不上げます。

…何とも頼りないというか、不安を煽るような文面であります。(^_^; というわけで、復旧したかに見える状況も「偶然」なのかも。しばらくは、FeedBurnerのRSSフィードも併用していただくほうがいいかもしれません。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

podfeedまたはココログのエラーによると思われるDhammacast(法話ポッドキャスティング)の不調ですが、いまだ@niftyから回答がないので、FeedBurnerを利用して、取り急ぎ代替RSSフィードをふたつ用意しました。

http://feeds.feedburner.jp/gotami

http://feeds.feedburner.jp/theravadaonline

上記のページで「iTunesへ追加」のリンクをクリックすると、ポッドキャスト登録ファイルがダウンロードされます。「ファイルを開く」を選択するか、またはダウンロードしたファイルをiTunesなどのポッドキャスト受信ソフトにドラッグすると、Dhammacastが登録されます。テストしたところ、新しい番組も正常にiTunesに配信されました。お試し下さい。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

三月末のココログリニューアルから、[Dhammacast]が正常に配信されない状態が続いております。「Podfeed」または「ココログ」本体のエラーのようですが、詳細は現在問い合わせ中です。ご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ち下さい。なお、当ブログから直接音声ファイルをダウンロードしていただければ、番組の聴取は可能です。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

Srifes あるのは原因と結果だけです。原因をそろえればそれに見合った結果が出てくるのです。目的に達するための情報を集めて、原因を与えてあげる、原因が揃ったら結果が出ます。

“「私が」やりました。「私のもの」です” というのは極端に無知な思考です。一切は、因果法則で成り立つのみです。

農業と同じことです。お百姓さんは種をまいて、たくさん収穫できるように原因をそろえるのです。「『私が』芽を出させる」ことは決してできないのです。 次の言葉を覚えておいてください。

ないのは自分。あるのは因縁。
私はない。あるのは因果法則。

瞑想がうまくいかないのは自我意識が強すぎるからです。
いつでも、“「私がいる」と証明してやろう” と瞑想するから、結果はゼロなのです。

ブッダに従って、「私はない。あるのは因果法則」という前提で生きてみましょう。
そうすれば生きるのは楽になります。「なんで私が…」というストレスから解放されます。

勿論、生き方の前提に、いつか自分自身で「証明」を出さないといけません。 自分で悟らなければいけません。
「私がない。あるのは因果法則」という前提で生きているなら、心に余裕があるから、真理の「証明」も出しやすくなるのです。

(A.スマナサーラ長老 四月八日『ダンマパダ(法句経)』講義のメモより)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「感覚は苦である/三帰依の完成者」をダウンロード

Gotami_buddha20060331

今週のダンマキャストは 2006年4月6日上座仏教教室(ゴータミー精舎)での質疑応答より。講師:A.スマナサーラ長老。約28分。

1)仏教では一般的に感覚(受)は「苦・楽・不苦不楽」に分類されるが、スマナサーラ長老は瞑想指導の中で「感覚は苦である」と指摘する。その真意とは…? 

2)三帰依を完成した人は預流者(最初の聖者)と呼ばれる。しかし、ただ三帰依の言葉を呪文のように唱えても何の意味もない。預流果に達した人が本物の仏教徒(究極的な哲学者)と呼ばれる理由を解説する。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

20060408hanamaturi1_1
四月八日は潅仏会(花まつり)の日です。北伝仏教の伝承では、この日にお釈迦様が誕生されたとされていて、日本では1400年も昔からずうっとこの日をお釈迦様の誕生日としてお祝いしてきました。ゴータミー精舎でも、精舎前の旧玉川上水緑道に花御堂を設営して、花祭りの誕生佛供養を開催しました。

甘茶の確保に手間取って?告知が遅れましたが、ゴータミー精舎では、4月8日(土)AM10時頃から、毎年恒例の「花まつり」を開催いたします。皆様に甘茶のご供養をいたしますので、ぜひ足をお運び下さい。テーラワーダ仏教では、仏誕・成道・涅槃をともに祝うウェーサーカ祭を盛大にお祝いしますが、日本で1400年も前から祝われてきたお釈迦様のお祭りも大切にしたいものです。

※午後2時からは、スマナサーラ長老のダンマパダ講義&ヴィパッサナー瞑想会が開催されます。。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

060331sakura5

相田晴美さんから、お写真をいただきました。

このアーカイブについて

このページには、2006年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年3月です。

次のアーカイブは2006年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1