2006年3月アーカイブ

『初期仏教講演会 六つの感覚を悟る』をダウンロード

060325hatagaya_2アルボムッレ・スマナサーラ長老による春の初期仏教講演会『六つの感覚を悟る ブッダが説く「すべて」とは?』(3月25日(土)13:30-16:30 幡ヶ谷区民会館)の模様をノーカットで配信いたします。(2時間39分)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Sakura
ゴータミー精舎中二階の事務局より、旧玉川上水遊歩道を望む。
ほぼ満開のソメイヨシノが一幅の屏風絵のように美しい。
ここ数日の花冷えで引き締まった桜をいましばらく楽しめそうです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

060325hatagayacityhall 3月25日(土)13:30-16:30 幡ヶ谷区民会館(東京都渋谷区幡ヶ谷)にてスマナサーラ長老の講演会『六つの感覚を悟る ブッダが説く「すべて」とは?』が開催されました。

対立を乗り越えるアラナ(安寧)の道をダウンロード

arana ※ご要望にお応えして再配信。(初出:2005年8月2日)

2005年4月16日に開催された大阪府岸和田市のアラナ(安寧)精舎入佛式でのA.スマナサーラ長老のご法話です。仏教伝道とは如何なる方法で行われるべきなのか、誰とも争わずに自他に幸福をもたらすという、仏弟子の生き方としての「アラナ」の意義を説かれた画期的なお話になっています。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

AC-4_5.mp3 生を生ききる~業からの脱出 をダウンロード

bootree_komazawa ※一部ノイズ・音飛び・お聴きづらい箇所がありますが、マスターに起因するものです。ご容赦下さい。

これまで、カルマ(業)の法則を通じて、善行為をして生きることを説いてきました。しかし、「生きること」には果たして意味があるのでしょうか? …俗世間的なものの見方から跳躍する『自分の運命と仲良くする法』衝撃の最終回。輪廻を脱出する道、業(カルマ)を乗り越える道がいま示される。

※カセットテープ版が長く絶版になっていた、スマナサーラ長老の連続講義『自分の運命と仲良くする法』音源が、ポッドキャストで待望の再発。なるほど納得!目からウロコ!の“業(カルマ)講義”ついに最終回「生を生ききる~業からの脱出」の前・後編を公開。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

inari0603

FH020012

日本テーラワーダ仏教協会では、毎月第四土曜日(変更あり)に東京都内で開催されるA.スマナサーラ長老の月例講演会の講演テーマを募集しております。

「こんなテーマの講演を聴いてみたい」というリクエストをお持ちの方は、こちらまでお気軽にメールでお寄せ下さいませ。この記事にコメントしていただいてもけっこうです。

ちなみに最近の講演テーマは以下のとおりです。

AC-4_4_b.mp3 自分の運命と仲良くする法(8)をダウンロード

thero_nami ※一部ノイズ・音飛びが発生しますが、マスターに起因するものです。ご容赦下さい。

「生命に対する(身・口・意の)行動」がカルマ(業)となる。生命が相手でなければ、ただの行為なのです。しかし肝心なのは「考えること」もカルマであるということ。この原則を実生活に当てはめてみると…講義中の質疑応答を通して、行為とカルマの微妙な関係(特に殺生とカルマをめぐって)が改めて説明されます。後半は私たちの生死輪廻に関わるカルマの分類について。

……お釈迦さまの次第説法(しだいせっぽう)の方法論は、人々を「相対的な幸福」から「絶対的な幸福」へと導くもの。ブッダは善業を積むことよりも、「業からの脱出」=解脱を説いたのです。

……「カルマ論は知ったら怖くなるかもしれないが、それでも、知らないよりは知ったほうがいい」というのは、『ミリンダ王の問い』で知られるナーガセーナ長老の言葉。たとえ恐ろしい事実であっても、事実をごまかすよりはマシなのです。「知らずに犯した罪は、知って犯した罪より重い」という俗世間の常識は、カルマには当てはまらないのです。

※カセットテープ版が長く絶版になっていた、スマナサーラ長老の連続講義『自分の運命と仲良くする法』音源が、ポッドキャストで待望の再発。なるほど納得!目からウロコ!の“業(カルマ)講義”第8回(全10回)。「運命と宿命の違い~縁起法則」の後編を公開。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

「AC-4_4_143min_40kbps_a.mp3」をダウンロード

※一部ノイズ・音飛びが発生しますが、マスターに起因するものです。ご容赦下さい。

sumanasara_hitachi “考えること”が一番危険
「私たちはついつい悪いことを考えてしまいます。しかし「考えること」ほど危険なことはありません。どんな悪も「考えずには」犯せないのです。幸福で平和な社会を作りたければ、社会システムをいじくるよりも「考え方」を変えることが先決です…」

瞬間・瞬間が善と悪の分かれ道
「私たちは考える瞬間・瞬間にカルマを作っています。口にしていないから、行動していないから、といって安心はできません。人はカルマ(業)から逃れられません。一瞬ごとに、自分の運命に足し算(+)引き算(-)をしているのです…」

悪とどう向き合えばいいのか?
「私たちは悪人に怒って否定しようとします。しかし悪に怒ることも悪行為です。悪人が不幸になることは決まっています。しかし、『人はいつでも変われる』ということがカルマの法則なのです。だから、私たちは悪人を否定してはいけないのです…」

※カセットテープ版が長く絶版になっていた、スマナサーラ長老の連続講義『自分の運命と仲良くする法』音源が、ポッドキャストで待望の再発。なるほど納得!目からウロコ!の“業(カルマ)講義”第7回(全10回)。「運命と宿命の違い~縁起法則」の前編を公開。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年2月です。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1