[Dhammacast]阿羅漢と王の対話(1) 欲望の制御は可能か?

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「阿羅漢と王の対話(1) 」をダウンロード

今年最後のDhammacastは、11月23日に開講されたスマナサーラ長老のパーリ経典解説より。相応部経典に収録された、ピンダーラバーラドバージャ阿羅漢とウデーナ王との対話編を二通に分けてお届けします。こちらは前編。

阿羅漢と在家賢者とのあいだで繰り広げられる、欲望(性欲)の制御をめぐるやり取りを記録した経典です。今回の経典には、お釈迦様はまったく登場しません。しかしブッダの教えのエッセンスは、寸分もゆるぐことなくその弟子たちに継承されていったということがはっきりと解る、現代の仏弟子にも限りない勇気を与えてくれる経典講義となっています。

後編:阿羅漢と王の対話(2)

PDF資料:「相応部六処相応 居士品バーラドバージャ(PTS版SN vol.4 p110-)」

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [Dhammacast]阿羅漢と王の対話(1) 欲望の制御は可能か?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/167

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2005年12月28日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新年祝福法要&四月の慶事プロジェクト説明会のお誘い」です。

次のブログ記事は「[Dhammacast]阿羅漢と王の対話(2) 感情のフィルタリング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1