アヌラー尼からいただいた「死体の観察(不浄観)」ポスター

| | コメント(0) | トラックバック(0)

本日はゴータミー精舎で機関誌『パティパダー』12月号の読み合わせ。お昼頃、スリランカ・キャンディ近郊の冥想道場で修行中のアヌラー尼(俗名野間さん)がお出でになりました。

お土産代わりに、スリランカでお会いした際にお部屋で拝見した「死体の観察(不浄観)」ポスターをいただきました。デジカメでポスターを撮った写真ですが、皆さまにもおすそ分けします。仏教に興味ない人にとってはただグロいだけでしょうし、キッチュなアートと捉えられちゃうかもしれませんが…。以下、『勝利の経』を読みながら眺めると、それぞれ何か感じていただけるんじゃないかなと思います。

maranan
歩く、立つ、座る、横たわる、伸ばす、縮む。身体の動きはこれだけです。
(この身体は)骨と腱で組み立て、肉と皮膚で舗装されている。
皮膚に隠れているのでありのままには観られない。
身体は腸に充ち、胃に充ち、また、肝臓の塊・膀胱・心臓・肺臓・腎臓・脾臓があります。
(この身体には)鼻汁・唾液・汗・脂肪・血・関節液・胆汁・膏がある。
またその九つの孔からは、常に不浄物が流れ出る。目からは目やに、耳からは耳垢、鼻からは鼻汁が出る。口からは或るときは(食べたものを)吐く。
また或るときは胆汁を、或るときは痰を吐く。全身からは汗と垢とを排泄する。
またその頭蓋骨の空室は脳髄に充ちている。しかるに愚か者は無明に誘われて、
身体を清らかなものだと思いなす。
またからだが死んで横たわるとき、膨れて、青黒くなり、墓場に棄てられる。
親族もこれを顧みない。
犬や野狐や狼や虫類がこれを喰らい、烏や鷲やその他の生き物がこれを啄む。
ブッダのことばを聞いて、智慧ある修行者は、この(身体の)ことを完全に了解する。
あるがままにのみ観る。
〈かの死んだ身も、この生きた身のごとくであった。この生きた身も、かの死んだ身のごとくになるであろう〉と、自分の身体に対する欲をも、他人の身体に対する欲をも離れるべきである。 
『勝利の経(sutta nipaata11. vijayasuttaM)』(PDF)より

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アヌラー尼からいただいた「死体の観察(不浄観)」ポスター

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/144

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2005年11月 1日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヤサ師が帰国されました」です。

次のブログ記事は「ブッダ論理学のエッセンス/前編(パーリ経典講義より)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1