スリランカフェスティバル2日目の写真

| | コメント(1) | トラックバック(0)

初日(10月15日)レポートの続きです。

相田晴美さんからご提供いただいた、スリランカフェスティバル2日目(10月16日)の写真を一部掲載します。

DSC_0060
聖大菩提樹から分けられた苗木。今月23日、鎌倉の東慶寺に贈呈されるそうです。

DSC_0036
笑顔がとびきり素晴らしいスダンマ師(声明の名手)とスリランカの青年。

DSC_0035
来客に協会のリーフレットを配るダンミニー清道尼。

DSC_0030
小雨降るなか、立ち話をする大長老ふたり。スマナサーラ長老とダンミッサラ長老。

DSC_0015
ダンミッサラ長老の微笑み。

DSC_0012
聖糸の祝福をするワンギーサ師。パーリ語の祝福偈に続けて「お幸せでありますように」と日本語でも祝福をされたところ、祝福を受けた方々はたいへん喜ばれていたとか。「幸せでありますように」とふだん言っていただけることは稀ですからね。

DSC_0068
大盛り上がりのステージに向かってスリランカ国旗を振る青年。

DSC_0071
スリランカ国旗のシールを顔に貼ったB-boy風?ファッションの青年。

DSC_0079
お坊さんを囲んであちこちで立ち話がはじまる。穏やかな転法輪の現場です。

DSC_0085
スリランカ人の子供を祝福するスダンマ師。三宝のご加護がありますように。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スリランカフェスティバル2日目の写真

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/140

コメント(1)

聖大菩提樹からの分けられた苗木、見てきました。
北鎌倉の気候では、だめになってしまうので
もう少し大きくなったら、皆様に公開するそうです。
今は大切に、お日様が燦々と当たるお部屋に
ありました。
何故?東慶寺?の疑問が解けました。
やはり、日本とスリランカ。
ご縁が深いですね・・・・
やがて日本にもしっかり仏教が根ずくことは
間違いないと確信しました。
皆様も伺ってみてはいかがですか・・・

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2005年10月19日 00:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポーヤデーの来客/パティパダー発送」です。

次のブログ記事は「気付いたら…もう「幸福」になっていた!~冥想と質疑応答~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1