命名 なみ

| | コメント(3) | トラックバック(0)

nami

スマナサーラ大長老から新入りの寺猫の名前をつけてもらいました。幼名「しまった」改め「なみ」という名を賜りました。なみちゃん、ちょっとはおしとやかになるかな?今後とも可愛がってあげてください。

今日はパティパダー発送のボランティアKさんから貰ったおもちゃに夢中でした。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 命名 なみ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/130

コメント(3)

なみちゃん、かわいい名前ですねぇ。どうして「なみ」になったのか行きさつなどお聞きして良いですか(*´ -`)波ちゃん?並みちゃんかしら(笑

僕も疑問だったのですが、ようやく氷解。
こないだスマナサーラ長老が「なみ」を抱き上げて、「あんたはどこでも入ってきて波を立てますからね」と語りかけてました。
まったく人見知りしない、初対面の人のところにも寄ってって遊ぼうとする、そんな性格を見て「なみ(波)」と名付けてくださったようです。

調査究明?ありがとうございましたー(*´ -`)

周囲に波を立てるから・・・・・長老、じつは詩人ですね(^-^)可愛がってる様子がよく伝わってきます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2005年9月21日 02:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こころの仕組み(1) こころと身体の不思議な関係 A.スマナサーラ長老 120min」です。

次のブログ記事は「自由の森学園の皆さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1