寺猫しまった

| | コメント(0) | トラックバック(0)

simatta1

写真はこのたびゴータミー精舎に来た新しい寺猫(雌)です。事務局江川さんのひざですっかりリラックス。川崎の捨て猫ボランティアの方から縁あっていただきました。幼名は「しまった」です。保護されたとき「しまった!」という顔をしていたからだとか。スマナサーラ長老がお帰りになったら、正式に命名していただきたいと思っています。

050814

うみゃーうみゃー。名寺猫だったムーシカが事故死して、寂しがっていたイナリともすっかり仲良くなりました。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 寺猫しまった

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/117

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2005年8月14日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レワタ長老法話会での礼拝と読経」です。

次のブログ記事は「仏教理解の基本構造/すじみち(前編)  A.スマナサーラ長老」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1