法蔵院での法話会 比丘サンガへのお布施会

| | コメント(0) | トラックバック(1)

バースデーケーキ
すこし遅くなりましたが、最近の行事の報告をいたします。

月例講演会 受付の様子

4月23日(土)谷中の法蔵院(天台宗のお寺)にて、月例講演会『閻魔大王は本当にいるの!?  ~脅しのない、マジメな「地獄の話」~』が開催されました。上の写真は受付の様子。

法蔵院での講演

…どんな宗教にも「地獄の話」は出てきますが、お釈迦様は地獄についてどのように説かれているのでしょう。悪徳宗教の脅し文句に乗ったり、根拠のない恐怖に取り付かれないためにも、不幸を回避するための「マジメな地獄の話」に耳を傾けてみましょう。…という内容です。ちょうど根津神社のつつじ祭と重なって、谷中はたいへんな人出でしたが、お寺での法話会はアットホームな雰囲気で、皆さん満足げでした。

来月(5月28日)の月齢講演会も、法蔵院で行われます。次回のテーマは『「自信過剰」の危機』です。お楽しみに!

それから、4月27日には、比丘サンガへのお布施の会がありました。ちょうどスマナサーラ長老の還暦のお誕生日にあたる日でしたので、平日昼間にも関わらず精舎には沢山の檀徒の方が集まりました。

バースデーケーキ
お布施参加者が用意したケーキには、仏教旗と日本とスリランカの国旗と「祝 還暦」の文字が…。

サンガの祝福
食事のお布施のあとには、聖糸をまわして比丘サンガの祝福をいただきました。

スマナサーラ長老のご法話
ダンミッサラ長老のご挨拶のあと、スマナサーラ長老より「お布施の功徳のはたらきは、物質・金・モノのやりとりとはまったく違います。功徳を分け合おうという気持ちで、たくさんの人でいっしょにお布施をするならば、参加する人が増えた分だけ、功徳もどんどん増えてゆくのです。分かち合いを喜ぶ気持ちを育てることが、幸福に生きるための秘訣です」という内容の祝福のご法話をいただきました。

牡丹の花
会員の江原通子さんが、ご自宅のお庭に咲いた一輪の牡丹の花をお布施してくださいました。まるでこの日を待っていたかのように、ひとつだけ、大輪の花を咲かせたのだそうです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 法蔵院での法話会 比丘サンガへのお布施会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/94

ちっさいおっさんのぼやき - 仏教では故人の冥福は祈らない (2005年5月 3日 22:20)

finalventさんの『「冥福」は祈らない』というエントリーを読む。オレが信仰しているのは浄土宗ですが、やはり「○○さんのご冥福をお祈りします」ではなくて別の言葉で哀悼の意を表するようにしてます。「天国」も仏教以外の宗教の概念なので、仏教徒が使うのは適切では...... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2005年4月28日 21:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パオセヤドー(ウ・アチンナ長老)ご一行様」です。

次のブログ記事は「初期仏教ネトラジ 5月の番組表(一部改定)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1