かやの木講演会 ブッダの「精神解剖学」

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kayanoki_040925_1.jpg
9月25日(土)、スマナサーラ長老の月例講演会が三ヶ月ぶりに蔵前のかやの木会館で開催されました。
タイトルは『ブッダの「精神解剖学」 ~これが人間・生命の「仕組み」です~』というもの。
色・受・想・行・識としてよく知られている「五蘊(ごうん)」についての、スリリングなお話でした。
「色(ルーパ 物質)」に関する詳細な分析(の概論)にはじまって、受・想・行・識についてもはたと膝を打つような解説が続きました。個人的には「想(サンニャー)」と「行(サンカーラ)」の説明から得るものが大きかったです。
当日の模様を収録したビデオ(&DVD)は11月末に発売予定です。

kayanoki_040925_2.jpg
講演会の後、同じかやの木会館にてダーヤカ会議(協会運営会議)が開催されました。
ゴータミー精舎ではついつい議事進行がノンビリしてしまうのですが、今日はずいぶんスムーズに進んだような…。

~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: かやの木講演会 ブッダの「精神解剖学」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/43

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2004年9月26日 01:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寺猫ズ(いただきものイラスト)」です。

次のブログ記事は「ダンミニー清道尼の受戒式祝福法要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1