スマナサーラ長老のダンマパダ講義&冥想実践会

| | コメント(0) | トラックバック(0)

gotami040911_1.jpg
9月11日(土)、夏休み明けのダンマパダ講義とヴィパッサナー冥想会が開催されました。久々のスマナサーラ長老のご指導とあって、精舎はウェーサーカ祭以来の人出となりました。スリランカから帰国されたばかりの長老が講義されたのは、法句経38、39偈。協会HPにも訳文(正田大観訳 ブッダの演歌訳)が掲載されています。講義では、仏教において「信仰」はどのように定義されるのか、心の成長のために「信仰」なる心の働きをどのように役立てればいいのか、というお話が中心になりました。それから、38偈『〔眠らずに〕起きている者』という表現の意味について、鳥肌が立つようなお話がありました。

gotami040911_2.jpg
夕方からのヴィパッサナー冥想会には、初心者指導になんと20名以上もの方が初参加されました。ほとんどが20代~30代の若い方でした。

gotami040911_3.jpg
~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スマナサーラ長老のダンマパダ講義&冥想実践会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/40

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2004年9月12日 17:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴータミー精舎で、食事のお布施をしてみませんか?」です。

次のブログ記事は「パティパダー10月号発送完了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1