2004年9月アーカイブ

kayanoki_040925_1.jpg
9月25日(土)、スマナサーラ長老の月例講演会が三ヶ月ぶりに蔵前のかやの木会館で開催されました。
タイトルは『ブッダの「精神解剖学」 ~これが人間・生命の「仕組み」です~』というもの。
色・受・想・行・識としてよく知られている「五蘊(ごうん)」についての、スリリングなお話でした。
「色(ルーパ 物質)」に関する詳細な分析(の概論)にはじまって、受・想・行・識についてもはたと膝を打つような解説が続きました。個人的には「想(サンニャー)」と「行(サンカーラ)」の説明から得るものが大きかったです。
当日の模様を収録したビデオ(&DVD)は11月末に発売予定です。

kayanoki_040925_2.jpg
講演会の後、同じかやの木会館にてダーヤカ会議(協会運営会議)が開催されました。
ゴータミー精舎ではついつい議事進行がノンビリしてしまうのですが、今日はずいぶんスムーズに進んだような…。

~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

敬老の日からお彼岸と続く連休とあって、ゴータミー精舎のある幡ヶ谷界隈はやけに閑散としています。

teranekos.jpg
仙台にあるみんなの寺のわここさんから、寺猫三きょうだい(ムーシカ&イナリ&くま@みん寺)のかわいいイラストをいただきました。メガネのお坊さまはワンギーサ師でしょうか。bmpからjpgに変換した所為か、ちょっと色彩が暗くなっちゃったようです。オリジナルはわここ絵日記をご覧下さい。

mu0919.jpg
実物はこちら。幡ヶ谷生まれのムーシカです。

inari0919.jpg
谷中にあるお稲荷さんの下で拾ったから、イナリ。
なにげにカメラ目線の寺猫ズ@ゴータミー精舎でした。

~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

gotami0918_4.jpg
去る17日、協会の機関誌『パティパダー』10月号の発送作業が行われ、たくさんのボランティアの方が参加して下さいました。ムーシカも新しいおもちゃを貰って、愛嬌振りまきながら後方支援?? 作業の後のお茶会では、差し入れのロールケーキが好評を博しておりました。

★パティパダー10月号 目次
[表紙 ワタダーゲ仏塔(スリランカ・ポロンナルワ) 撮影 澤野眞一]
・扉イラスト ダンマパダ第206偈「諸々の聖者と会うのは善い事である」絵 酒主浄忍
・巻頭法話 個人という囚人 ~自由のない生き方は最大の苦難です~ 
・根本仏教講義 損得勘定の智慧・3 人生の会計士 法話 A.スマナサーラ長老 編集 出村佳子
・疑問・質問・反論のページ 釈尊の教え・あなたとの対話【86】 
 ブッダの教えで幸せを得るために A.スマナサーラ長老 編集 佐藤哲朗
・Message from Sri Lanka WHY WORRY(1) Live without fear and worry 
 第1部 恐怖と悩み(2) K.スリダンマナンダ長老 訳 出村佳子
・言葉から見るテーラワーダ仏教(58) VIPASSANA BHAVANA 
 ヴィパッサナー冥想(2) ヴィパッサナー冥想の理論 講義 A.スマナサーラ長老 編集 早川瑞生
・ジャータカ物語(58) 幸運物語 監修 A.スマナサーラ長老 編集 早川瑞生
・初めての人のパーリ語 パーリ語アイウエ?オ(26) 小野道雄
・短期連載 知られざるテーラワーダ仏教史(2・最終回) スリランカ比丘尼教義の滅亡 酒主浄忍
・ひろば
・協会ニュース
・VIPASSANA通信
・10月の月間行事予定
・各種講座のご案内
・10月の新刊案内
・協会のご案内 日本テーラワーダ仏教協会について
・月間スケジュール表
・会場地図一覧
・ゴータミー精舎案内
・編集後記
・出版目録

…とまぁ、今月も計66頁、盛りだくさんでお届けしております。

~*~* よろず生きとし生けるもの 幸せであれ安穏であれ*~*~

gotami040911_1.jpg
9月11日(土)、夏休み明けのダンマパダ講義とヴィパッサナー冥想会が開催されました。久々のスマナサーラ長老のご指導とあって、精舎はウェーサーカ祭以来の人出となりました。スリランカから帰国されたばかりの長老が講義されたのは、法句経38、39偈。協会HPにも訳文(正田大観訳 ブッダの演歌訳)が掲載されています。講義では、仏教において「信仰」はどのように定義されるのか、心の成長のために「信仰」なる心の働きをどのように役立てればいいのか、というお話が中心になりました。それから、38偈『〔眠らずに〕起きている者』という表現の意味について、鳥肌が立つようなお話がありました。

gotami040911_2.jpg
夕方からのヴィパッサナー冥想会には、初心者指導になんと20名以上もの方が初参加されました。ほとんどが20代~30代の若い方でした。

gotami040911_3.jpg
~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

ohuse.jpg
食事のお布施って?
ゴータミー精舎で修行に励むお坊様方のために、毎日の食事をご用意して、召し上がっていただくことです。出家されたお坊様方の修行の手助けになるよう、私たちが作った料理を差し上げることは、大変な功徳になります。このようなお布施ができることは、めったにない幸せな事です。お一人でも、お友達・ご家族とご一緒でも…どなたでも参加できます。

どのように用意したらいいの?
お坊様方は午前中に食事をされますので、朝食と昼食のどちらかを、三人分ご用意してください。朝食は7時ごろから、昼食は11時30分頃、お釈迦さまへのおそなえの礼拝儀式からはじまります。ゴータミー精舎一階のテーブルに、食事の15分前までには準備できるようにしてください。

どんなものをお出しすればいいの?
ふだん皆様が作って召し上がっているものを、ご自由にどうぞ。材料はこだわりません。お米はゴータミーに用意してあります。調味料もいくらかあります。精舎で作っても、家で作ってこられても、買ってこられてもいいのです。朝食は、前日に用意されても結構です。精舎に来られない方は、費用を事務局に預けることもできます。

どのようにして申し込むのですか?
お布施に参加できる日を事務局に申し出ていただくか、お電話かファックスを下さい。また、冥想会などがある日に、受付の者に言ってくださっても結構です。

日本テーラワーダ仏教協会事務局 TEL:03-5738-5526 FAX:03-5738-5527

ちなみに、いまのところ木曜日と金曜日が比較的狙い目です。

~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

gotami040905_1.jpg
ご報告が遅れましたが、5日(日)にウィセッタ・セヤドーご指導による冥想と法話の会が開催されました。ミャンマー語の通訳を介しての法話と個人インタビューなので、ちょっと敷居は高いところがありますが、セヤドーの笑顔の素晴らしさ、温かい語り口のご指導に触れることは格別のひと時となると思います。冥想経験者の方はぜひ一度おいで下さい。次回は9月19日(日)です。

gotami040905_2.jpg
寺猫できるかな?涅槃のポーズ。新入りのイナリです。

~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

このアーカイブについて

このページには、2004年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年8月です。

次のアーカイブは2004年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1