ミャンマーのワソ祭(袈裟贈呈祭)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日は東京・池袋にて、在日ミャンマー人の方々が主催する雨安居入りのワソ祭(袈裟贈呈祭)が執り行われました。お祭りの由緒は以下のようなものだそうです。

7月(ワソ)から3ヶ月は雨期にあたる雨安吾の時期で、僧は外出を控え、寺で瞑想する。僧は外出できない上に雨が多く衣服が乾きにくいことから、新しい僧衣をささげる。 >>>出典

このお祭りにゴータミー精舎からも数名が参加しました。会場の厨房はお料理を準備する方々でごった返し、ミャンマー料理に使われる油と香辛料の香りでエスニックな雰囲気たっぷり。写真は比丘サンガのお坊さま方に食事のお布施を差し上げているところ。
040801_01.jpg

参加者がかわるがわる、お坊さまに袈裟(僧衣)をお布施します。テーラワーダ仏教の世界に特有の、和気あいあいとリラックスした雰囲気、みなで善行為を分かち合うことへの喜びの雰囲気に満たされたお祭りでした。
040801_02.jpg

~*~* よろず生きとし生けるもの 幸せであれ安穏であれ*~*~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ミャンマーのワソ祭(袈裟贈呈祭)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/28

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2004年8月 1日 21:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヴィパッサナー通信の掲載記事」です。

次のブログ記事は「満月の集い(ポーヤ・デー)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1