赤ちゃんをお寺で祝福する

| | コメント(0) | トラックバック(0)

30日(日)の午前中、精舎に会員のご夫婦がお子さん二人と一緒にお出でになって、スマナサーラ長老から赤ちゃんの祝福を受けました。日本ですと新生児を神社に「お宮参り」させるのが普通になっていますが、仏教国では赤ちゃんがお寺で祝福を受けるということはごくごく一般的だそうです。ゴータミー精舎にも日本人の会員や在日スリランカ人の方がよく子供連れで祝福を受けに来られます。後ろに坐っているだけで、あたたかい気持ちになれるひと時です(写真はお兄ちゃんが右腕に祝福の紐を巻いて貰っているところ)。
040531_1.jpg

~*~* 生きとし生けるものが幸せでありますように *~*~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 赤ちゃんをお寺で祝福する

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/15

コメントする

このブログ記事について

このページは、naagitaが2004年5月31日 23:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「かやの木講演会 「自殺願望」と「自己破壊」の魔力」です。

次のブログ記事は「「ゴータミー精舎前」行きバスの車中にて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1